ここから本文です

阿倍仲麻呂の悲劇を描くオペラ『遣唐使物語』が上演!作者が綴る制作秘話

サライ.jp 9月16日(金)13時19分配信

文/上野誠(奈良大学教授)

奈良に住んで25年になる私でも、ふと、四季の風に誘われて歩きたくなる道がある。奈良ホテルから、春日野を通って春日大社へと至る道だ。

この道を歩いてゆくと、時間の感覚がなくなることがある。その感覚とは、古代も現代もない「今」という感覚なのである。千三百年、そんな時間、人類の歴史から見たら一瞬だ、と思ってしまう「今」があるのだ。

春日野から見る御蓋山(みかさやま)は、美しい。御蓋山の後ろには、春日山が控えている。御蓋山が鳥の頭だとすれば、春日山はまるで、巨大な鳥の翼のようだ。これを万葉びとたちは「大鳥の羽交(はがい)の山」と呼んだ。大鳥が翼を上下して飛び立つ姿だ。

この地は、歴代の遣唐使たちが、奈良の神々に対して別れを告げる場所であった。彼らは、この春日野で安全祈願をして、唐に向かったのである。

千三百年前に、この地で旅の安全を祈り、旅立った十九歳の青年がいた。彼はおそらく、世界最大の難関試験といわれる科挙に合格して、時の玄宗皇帝の側近となった。王維も李白も、彼の文才を認め、今日でいえば国務大臣の位にまで登りつめた。

その青年こそ、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)。そして仲麻呂が、はるか唐から思いをはせたのが、春日にある御蓋山であった。

日本に帰ることなく死んだ仲麻呂の魂は、この大鳥が運んで、この地に戻してくれていると……、私は信じたい。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 御蓋の山に いでし月かも(『古今和歌集』巻第九の四〇六)

そんな仲麻呂を描いたオペラが、まもなく奈良で上演される。

日本、韓国、中国が、芸術文化の交流を、都市交流のかたちでやろうというプログラム「東アジア文化都市」がいま奈良で行われているが、この期間中の10月1日と2日に、私が作った新作オペラ『遣唐使物語 名も無き民へのオマージュ』が上演されることになった。

このオペラは、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)、吉備真備(きびのまきび)、葛井真成(ふじいのまなり)という三人の遣唐使の、ちょっとせつない友情物語だ。

三人は、苦難を乗り越えて、ようやく長安にやって来る。若いころから、学問に打ち込んだ三人。会えば、学問の話ばかり。ところが、真成の様子がどうもおかしい。勉強するうちに、すぐに寝込んでしまうのだ。

そこに、玄宗皇帝の侍医がやって来る。侍医は、玄宗の持っているすべての薬を使っても、真成が余命幾ばくもないことを告げる。

ところが、真成は寝たふりをしていたのだった。病と不幸は、俺がすべて引き受けてやる。仲麻呂よ、真備よ、学問に励め、との捨てゼリフ。

さて、死期を悟った葛井真成こと中国名、井真成(せいしんせい)が望んだことは何か――。あとは、舞台でご覧いただきたい。

私の仕事は、古典研究、それも『万葉集』の研究だ。そんな私が、オペラの制作に携わって、早くも十年が過ぎようとしている。

オペラの制作をしていて、ふと思ったことがある。オペラは出演者のみならず、裏方、観客を含めると、数千人単位の人びとが関わることになる。ところが、演劇というものは、終わったあとに何も残らない。今日、私たちは諸資料から、東大寺の大仏開眼会の盛儀を知ることができるが……、今、それを眼前で見ることはできない。

残るとすれば、それは人の心のなかだけに残るものなのだ。また、だから尊いのだ。

※オペラ『遣唐使物語 名も無き民へのオマージュ』は、2016年10月1日(土)と2日(日)に、なら100年会館にて行なわれます。(問い合わせ先:0742-34-0111)

文/上野誠
1960年、福岡県生まれ。奈良大学教授。国際日本文化研究センター客員教授。気鋭の万葉学者として活動は多岐にわたる。

最終更新:9月16日(金)13時19分

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]