ここから本文です

マンUがEL初戦敗退でよもやの敗戦 モウリーニョ監督は「明らかにオフサイド」と主審に苦言

Football ZONE web 9/16(金) 10:19配信

マンチェスター・ダービーから先発8人を入れ替えも、フェイエノールト戦は惜敗

 マンチェスター・ユナイテッドは15日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)の初戦でフェイエノールトと対戦。先週末のマンチェスター・シティ戦から先発8人を入れ替えたユナイテッドだったが、敵地で0-1と敗れた。ジョゼ・モウリーニョ監督は「ゴールは明らかにオフサイド」と主審の判定に苦言を呈している。クラブ公式サイトが指揮官の試合後のコメントを報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 得点シーンは後半35分だった。右サイドでフェイエノールトMFビラル・バサチコグルからFWニコライ・ヨルゲンセンへの縦パスが通り、折り返しをMFトニー・ビリェナが蹴り込んでフェイエノールトが先制。元日本代表MF小野伸二を擁した2001-02シーズンに前身のUEFAカップを制したフェイエノールトがユナイテッド相手に初戦白星を挙げた。

 モウリーニョ監督が言及したのは失点シーンだった。縦パスに反応したヨルゲンセンのマークに付いていたDFエリック・バイリーはとっさの判断でオフサイドトラップを仕掛け、ヨルゲンセンは体半個分ほどオフサイドラインの前に出ていたように見えた。しかし旗は上がらず、主審の笛も吹かれなかった。モウリーニョ監督は明らかにオフサイドだったとして審判の判定に苦言を呈している。

「初戦を落としたことに満足していない。後半は我々の方が試合をコントロールしていたと思う。我々は勝とうとしていたが、彼ら(フェイエノールト)は負けないように戦っていた。肉体的にも疲れが見えたし、相手の方が苦しい印象だった。それと同時に、瞬間的にやられてしまったのも事実だ。(ゴールは)明らかにオフサイドだったが、不運も重なってやられた」

「ELはユナイテッドにふさわしくない」

 モウリーニョ監督は試合前に「ELはユナイテッドにふさわしくない」と語り、大会の位置づけが低いと公言していた。実際に、シティとの「マンチェスター・ダービー」から先発8人を入れ替える大幅なターンオーバーで試合に臨んだ。選手選考については「特定の選手について話したくはない。何人かの選手はシーズン初めてのプレーだった。何人からは他の選手よりもいいプレーをしたが、毎週プレーしていない選手がいるのも分かっていた」と振り返った。

 よもやの敗戦となったユナイテッド。ダービーでの敗戦に続く2連敗となった。今週末のプレミアリーグ第5節のワトフォード戦までに気持ちを切り替えることはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/16(金) 10:19

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革