ここから本文です

VRはゲームで多様化している:東京ゲームショウ2016ギャラリー

WIRED.jp 9/16(金) 13:08配信

9月15日(木)から18日(日)まで開催されている日本最大のゲームイヴェント、「東京ゲームショウ2016」(以下、TGS2016)。今年は「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」をテーマに掲げ、新たに「VRコーナー」が設けられた。一般展示やインディーゲームコーナーにもVRコンテンツはみられ、まさに「VR元年」に相応しい、VRコンテンツが非常に充実した展示会となっている。

【東京ゲームショウ2016開催中、フォトギャラリーはこちら】

「VRゲーム」と聞くと、ヘッドマウントディスプレイを被ってゲームのコントローラーを握るプレイスタイルを思い浮かべることが多いのではないだろうか。もちろん、それは間違いではない。しかし、TGS2016でみられるゲームはさらに先の未来を提示するものだった。

いまや、VRゲーム用のデヴァイスはかなり多様化している。たとえば、FUTURE TOWNの「Stallion Adventures」はバイク型のデヴァイスにまたがって乗馬を体験するゲームだ。前傾姿勢になって手綱を握るようにしてハンドルを握るプレイスタイルは没入感をさらに高めてくれるだろう。

VRゲームはプレイしている本人以外に状況が伝わりづらいという難点があったが、オリハルコンテクノロジーズの「Panoworks」は広視野を実現したディスプレイで、ヘッドマウントディスプレイを付けずにVRコンテンツを体験することが可能だ。また、PDトウキョウの「CIRCLE of SAVIORS」など、HTC「Vive」を使った各種コンテンツのデモンストレーションはグリーンバックのスペースでプレイする様子をカメラで取り込み、ゲーム内の風景とリアルタイムの合成を行っている。プレイヤー本人以外もプレイ状況を観て楽しめるような仕組みも出来上がってきているということだ。

より大型化するものだけでなく、小型化するものもある。Dlodloが開発した「Dlodlo V1」はわずか88gのサングラス型ヘッドセットだ。過去にチーフリサーチャー、玉城絵美にインタヴューを行ったH2Lの触感型ゲームコントーラー「UnlimitedHand」は腕に巻くだけのコントローラー。プレイヤーの手指の動きをゲーム内の動きと連動させることで、より直感的なコントロールが可能となるという。

TGS2016にはVRコーナーのみならず「エンターテインメントの未来」コーナーも設けられた。ここに展示されたものはまだゲーム化されていない先端技術が多く、これからのVRゲームの可能性について想像を広げてくれるだろう。水口哲也による代表的な「Rez infinite-Synesthesia Suit」はすでにゲーム化しているが、視覚や聴覚に加え、触覚をハックする技術が多くみられたのが印象的だ。

VR技術は着実に進化を重ねてきている。ぼくらの五感は視覚や聴覚だけでなく、触覚までハックされはじめているのだ。5年後、10年後は一体どうなってしまうのだろうか。ゲームと現実の区別がつかなくなる日が、いつか本当に訪れるのかもしれない。

WIRED.jp_IS

最終更新:9/16(金) 13:08

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ