ここから本文です

長友がEL初戦で復帰も現地メディア低評価「ミスで目立った」「不注意」 インテルは伏兵に完敗

Football ZONE web 9/16(金) 11:10配信

左サイドバックでフル出場した長友だったが、全2失点に絡む形に

 日本代表DF長友佑都が所属のインテルは、15日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)開幕戦でイスラエルのハポエル・ベエルシェバをホームに迎えたが、0-2とよもやの敗戦を喫した。左サイドバックで先発フル出場した長友だが、全2失点に絡んで現地メディアの採点では低評価が並んだ。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 インテルは前半からハポエルの鋭いカウンターに晒された。長友は前半40分に左サイドから攻撃参加して右足クロスを供給し、それを受けたFWエデルがシュートを放ったがゴールポストに嫌われた。そして後半9分、ハポエルはセットプレーの場面でサインプレーを行い、長友は相手選手にスクリーンされてマークに付けず。そこからパスがつながって先制点を許した。さらに同23分には、相手コーナーキックのセカンドボールに反応した長友が相手を倒してしまい、そのフリーキックを直接蹴り込まれて2失点目を喫している。

 インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」は、採点「5.5点」としたうえで長友のミスの多さを厳しく指摘している。

「カウンターのチャンスを潰すミスで目立ってしまった。そして、全体的にあまり機能していなかった。2失点目につながるフリーキックを与えた対応は大きなミスとして目立った」

「攻撃参加は少なく、質も低かった」の評価

 また、サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」も「5.5点」とし、「不注意なプレーが多かった」と言及。同様に「トゥットメルカートウェブ・コム」も「5.5点」とし、「攻撃参加は少なく、質も低かった。彼のファウルから生まれた2-0のゴールは試合を終了させた」と、プレー内容の拙さと失点に絡むファウルが批判されている。

 8月下旬に右ふくらはぎを負傷してからの復帰戦となった長友だが、チームは伏兵にホームで敗れ、自身もその敗因につながるプレーで低評価を受けた。サイドバックの激しいレギュラー争いが続くインテルだけに、長友にとって厳しい夜になった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/16(金) 11:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。