ここから本文です

肌にも健康のためにも加湿器は1年中つけておくのが正解!

@DIME 9月16日(金)19時10分配信

肌にとっても、健康にとっても、湿度は一定に保っておくのが正解。つまり、加湿器は一年中付けっぱなしの状態でもいいくらいなのだ。乾燥する冬はもちろん、たとえ夏場であっても、クーラーの連続使用をしていると湿度が下がってしまうので注意が必要。

肌は大体、湿度が50%以下になると乾燥状態に陥る。50%以下の状態だと、肌のうるおいがどんどん空気中に逃げていってしまうのだ。また、湿度が40%を下回ると、ウイルスが活発に活動するようになる。病院やクリニックで常に加湿器を使用しているのは、湿度を高く保つことでウイルスが蔓延するのを防ぐため。湿度が60%を超えると、空気中の約8割のウイルスが死滅するという。

よって、お部屋の湿度は、常に60%以上に保っておくのが正解。寝ている間ももちろん同じことが言える。

加湿器と上手に付き合うために
つけっぱなしにしとくことには、もうひとつメリットがある。それは常に水を交換し続けることだ。つけたり消したりしていると、余った水を使ったり、機械内に溜まった水滴がカビやウイルスの温床になる可能性がある。

加湿器を使用すると、水に含まれるミネラル分によって、水アカはどうしてもついてしまうので、これは定期的に掃除すべき。手軽なのは、100円ショップなどで販売されているクエン酸を水にとかして、溶液につけておくこと。これで、普通では届きにくい隅っこの水アカも落ちるので便利だ。

また、スチームが噴射する口にぬめりがある場合は、キッチン用アルコールスプレーや、エタノールを使用してふきとると良い。定期的なケアで、年中通して美肌&風邪をひかない健康な体を手に入れよう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9月16日(金)19時10分

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2016年11月号
9月16日発売

定価750円

スマホ小物&モバイル雑貨200
LINEモバイルに乗り換える人とは?
秋飲みクラフトビールの醍醐味
特別付録 たためるスマホスピーカー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]