ここから本文です

CL初戦、“MSN“6ゴールvs“BBC“1ゴールにカタルーニャメディアご満悦

フットボールチャンネル 9/16(金) 8:50配信

 チャンピオンズリーグ(CL)第1節が終了した。カタルーニャメディアは、バルセロナの”MSN”が、レアル・マドリーの”BBC”に完勝したと伝えている。15日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 同紙では「MSN、BBCに圧勝」と銘打った記事を掲載し、セルティックに7-0と大勝したバルセロナとスポルティングに2-1と辛勝したマドリーを対比し、3人で6ゴールを挙げたバルセロナのMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)と、1ゴールに終わったマドリーのBBC(カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)について言及している。

 また得点だけでなく3人間のパス交換の本数にも触れ、MSNの49本に対し、BBCが12本とここでもMSNが大勝していると触れ、この日のMSNについてのベルント・シュスター氏の「何も言うことは無い」というコメントを引き合いに出した。

 ちなみに同記事は、6ゴール,6アシストのMSNが、1ゴール,0アシストのBBCを「蹂躙した」と締められている。3人がフル出場したMSNに対し、ベイル、ベンゼマは途中交代しており、単純に比較できる数字とは言い難い。やはり、バルセロナのお膝元、カタルーニャメディアのマドリーへの対抗意識の強さはものすごいと痛感させられる。

フットボールチャンネル

最終更新:9/16(金) 10:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)