ここから本文です

世界初証言「イスラム国で受けた最悪の拷問で床が毒虫に見えた」

女性自身 9/16(金) 13:00配信

 イスラム国(IS)に誘拐されたデンマーク人のカメラマン・ダニエルは、13カ月にわたる拘束の末、ようやく解放された。24歳の彼は、拘束中、日常的な暴力や拷問を受けていた――。
 世界で初めてISの内部を詳細に記録した『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書)から、その拷問の一部を紹介する。

-------------------------------------------------

「よお、ダニエル。覚悟はいいか?」

 太い声が叫ぶ。ダニエルには、その夜ロビーに響いた声に聞き覚えがなかった。だが間もなく彼は、その声の主の正体を知ることになる。それは、アブ・フラヤという仮名で呼ばれる拷問人だった。

 残忍さでは右に出る者のない番兵として知られており、人質の拷問に心からの喜びを感じているとの噂だった。

「きれいな髪をしているな。そもそもどうしてこんなところへ来た? まぬけめ、来なきゃよかったんだ。さあ、ついてこい」

 男はダニエルの前に立ち、手錠の鍵をもてあそびながら片言の英語でそう言った。

 アブ・フラヤは、ダニエルの手錠をラジエーターから外すと、その後ろにつき、まだ見たことのない部屋へ連れていった。そしてダニエルの手首のまわりに泡を塗り、また手錠を掛けた。

「両手を上げろ」

 アブ・フラヤはそう言いながら椅子の上に立つと、天井に取りつけたフックから鎖を引っ張り出し、手錠につないだ。ダニエルの体は、完全に伸びきった状態になった。足の裏を床につけて立ってはいるが、腕は天井へ向けてまっすぐ伸ばしたままだ。手錠の内側の泡が滴り落ち、鋭い鉄が手首に食い込む。

「また明日な。それまでに話す気になるかもしれないが」

 アブ・フラヤは快活な声でそう言うと、部屋を出ていった。ダニエルは天井から吊り下げられたような状態で取り残された。手や腕の感覚は瞬く間になくなった。その代わりに、ひりひりするような痛みが絶えず体全体を貫いていく。

 ダニエルはこれまでに感じたことのないほどののどの渇きを覚え、何リットルもの水を夢想した。ダニエルは一晩中、天井から床へまっすぐ体を伸ばした状態で立ち続けた。

 そんな状態が続くと、やがて足元の石床の模様がぼやけ、生きものに見え始めた。床全体が毒虫に覆われている幻覚に襲われ、恐怖のあまり小便をもらした。

 シリアでは何十年もの間に、拷問が訳のわからない芸術の域にまで発展していた。独創的で効果的な拷問になると名前がつけられ、大半のシリア人に知れ渡っていた――。

最終更新:9/16(金) 13:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。