ここから本文です

コン・ユ主演映画『密偵』、公開10日目にして400万人超え

女性自身 9/16(金) 17:45配信

16日午前、韓国映画館入場券統合ネットワークによると、『密偵』(監督キム・ジウン)の累積観客数が、この日午前8時を基準に424万7千29人を記録した。公開8日目に観客300万人を突破したばかりだったが、2日後には400万動員という記録を打ち立てることとなった。

「密偵」は1920年代末、日本統治時代の主要施設を破壊するために上海から京城に爆弾を運ぼうとするグループと、彼らを追いつめる日本警察の息を飲む死闘とかく乱戦を描いた作品。クワイエット・ファミリー」「反則王」「箪笥」「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」「悪魔を見た」「ラストスタンド」のキム・ジウン監督がメガホンを取った。

映画には、ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミンなどが出演。さらに、イ・ビョンホン、パク・ヒスンが特別出演をし、存在感を残した。

最終更新:9/16(金) 17:47

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。