ここから本文です

アーセナルの新加入CB、少年時代は”ストライカー”も経験。自身の過去を語る

フットボールチャンネル 9月16日(金)11時20分配信

 今夏の移籍市場でバレンシアからアーセナルに加入したドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィが、ストライカーとして試合に出ていた少年時代を語った。15日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 ムスタフィはこれまでにエバートンやサンプドリア、バレンシアなどでプレーしてきた。センターバックとしてのキャリアを積み、ドイツ代表にも招集されている。だが、最初からディフェンダーとして活躍していた訳ではないようだ。ムスタフィが自身の少年時代を語っている。

「サッカーを始めた時、僕はストライカーとしてスタートした。14歳の時にハンブルガーSVに加入し、徐々にディフェンスの方に下がっていった。何試合かはディフェンスよりも前のポジションでプレーしたが、最終的に僕はセンターバックに定着したんだ。その後、U-15の代表チームに呼ばれて、そして自分のポジションになったのさ」

 アーセナルに加入後は、ロラン・コシエルニーとのセンターバックコンビで存在感を発揮している。守備だけでなく、いつの日か得点を取ることでチームに貢献する日がやってくるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9月16日(金)11時20分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!