ここから本文です

CL初戦で大敗のセルティック 地元紙「ナカムラのようにCLに相応しい選手がいない」と嘆き節

Football ZONE web 9/16(金) 22:02配信

CL初戦でバルセロナに0-7と歴史的な完敗 地元紙はスター不在の現状を嘆く

 横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔は、スコットランドの名門セルティックを退団して約7年の歳月が経過したが、今でもクラブのレジェンドとして崇められ、その存在の大きさが注目されている。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 セルティックは現地時間13日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦でバルセロナと対戦。敵地カンプ・ノウで0-7と歴史的な完敗を喫していた。CLの前身であるUEFAチャンピオンズカップでは優勝経験を持ち、国内リーグは5連覇中とはいえ、今や欧州での競争力を失っている。

 スコットランド地元紙「イブニング・タイムズ」はバルセロナ戦の大敗を取り上げている。そのなかで「今のセルティックには、ヘンリク・ラーション、スティリアン・ペトロフ、シュンスケ・ナカムラのようにチャンピオンズリーグに相応しい選手たちがいない」とスター不在の現状を嘆いている。

 元スウェーデン代表FWラーションが所属していたのは今から12年前の03-04シーズンまで。現所属の選手たちの多くはプロデビューすら果たしていない。中村を擁してCLベスト16に勝ち上がった10年前の06-07シーズンにセルティックでプレーしていた選手は、現キャプテンのスコットランド代表MFスコット・ブラウンのみとなっている。

中村と共闘したブラウンは悔しさを露わに

 そして08年には、中村もCLの舞台でバルセロナと対戦。ホームでの第1戦では前半を2-1とリードで折り返しながらも、最終的に逆転されて2-3と敗れた。カンプ・ノウでの第2戦では主戦場だった右サイドではなくトップ下として出場し、中村自身も惜しいミドルシュートを放ったが0-1で敗戦。それでも現在ほどバルサとの力量差がなかったことはスコアからも見て取れる。

 0-7の大敗後、悔しさを滲ませた主将のブラウンは「彼らが偉大なチームだとしても、受け入れられない」と言葉を絞り出した。ブラウンは08年のカンプ・ノウでの一戦に先発していただけに、ショックも一層大きかったのかもしれない。スター不在の現チームとスペイン王者との間には歴然とした差があった。屈辱の敗戦によって現実を突きつけられた名門クラブで、中村らレジェンドの偉大さが改めてクローズアップされている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/19(月) 3:16

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ