ここから本文です

閑古鳥が鳴いたマンC本拠地…ペップ、ファンの後押し不足に不満「CLに興味がないみたいだ」

フットボールチャンネル 9/16(金) 12:20配信

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)でファンにさらなるチームのサポートを要求した。15日付け『アス』が報じた。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 シティのCL初戦となるボルシアMG戦は、当初は現地時間14日に開催される予定だったが、豪雨よって15日に延期された。

 チームは4-0と圧勝したが、試合が延期されたことも影響して5万3000人収容のエティハド・スタジアムにはたった3万人しか集まらなかった。

 “ペップ”・グアルディオラ監督は、7万3000人が駆け付けた古巣バルセロナとセルティックの一戦を引き合いに出し、ファンへの不満を述べた。

「ファンはプレミアリーグではスタジアムに詰めかける。しかし、CLには興味がないみたいだ。バルセロナとセルティックの試合ではこんなことに起こらない。これは私たちの仕事であり、ファンたちは我々が彼らのためにプレーしているということを知らなければならない。ファンなしではプレーする意味がない」

 さらにグアルディオラ監督は、「CLを戦うためにファンの力が必要だ。彼らは我々が世界レベルの相手と戦うために必要なんだ。ファンはCLでも我々と同じ空間で戦ってもいいと思う」と、クラブ史上初のCL制覇に向けてファンの後押しを呼びかけた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/16(金) 12:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。