ここから本文です

FC東京、久保建英と平川怜の2種登録を発表! Jリーグの公式戦出場が可能に

フットボールチャンネル 9月16日(金)12時56分配信

 J1のFC東京は、それぞれU-16日本代表のMF久保建英とMF平川怜が2種登録されたことを発表した。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 両選手ともFC東京U-18所属だが、2種登録されたことでトップチームでのJリーグ公式戦出場も可能となる。背番号は、久保が「50」、平川は「14」に決まった。

 久保はバルセロナの下部組織でもプレーし、昨年5月にFC東京U-15むさしに加入。今年になってU-18に昇格した。

 J1史上最年少出場記録は当時東京ヴェルディ所属の森本貴幸(現・川崎フロンターレ)が樹立した15歳10ヶ月6日だが、2001年6月4日生まれの久保がそれまでにJ1に出場すれば、この記録を更新できる。

 また、J3に所属するFC東京U-23の試合に出場した場合、ガンバ大阪U-23の山下諒が樹立したJ3最年少記録も更新できる。J3の最年少記録は、2000年4月20日生まれの平川にも可能性がある。

 それぞれ、現在インドで開催されているAFC・U-16アジア選手権の日本代表に選出されており、同大会で勝ち進めば来年同じくインドで開催されるU-17ワールドカップ出場権を獲得できる。

フットボールチャンネル

最終更新:9月16日(金)13時11分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]