ここから本文です

大迫勇也、日本代表から1年遠ざかるも…「まずはケルンで」。移籍も封印し再起誓う

フットボールチャンネル 9/16(金) 13:10配信

 ケルンの日本代表FW大迫勇也が、独紙『ビルト』に対して近況を語り、移籍や日本代表について言及した。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 2014年1月に鹿島アントラーズからドイツ2部の1860ミュンヘンに移籍し、半年後にケルンにやってきた大迫。しかし、ブンデスリーガでは55試合で4得点にとどまっており、昨季も25試合で1得点という結果だった。

 今季は移籍も報じられたこともあった大迫だが、「僕はプロなので、上手くいかないからという理由だけで逃げ出すことはない」と、ケルンからの移籍は考えていなかったことを明かした。

 日本代表でも、昨年の6月に行われたロシアワールドカップアジア2次予選以降、約1年遠ざかっている。

 しかし、「今はそのこと(日本代表のこと)は重要ではない。まずはケルンのことを考えている」と、チームで結果を出すことに専念したいと語った。

「ケルンで期待に応えられていないことは理解している。良いパフォーマンスをして、チームメイトやファンからリスペクトを勝ち取りたい」

 開幕戦のダルムシュタット戦ではベンチスタートから途中出場、続く第2節のヴォルフスブルク戦では先発出場するも途中交代と、完全にポジションを得ている状況とは言い難い。

 また、今季初の公式戦となったDFBポカールのプロイセン戦(ドイツ6部)では2得点を挙げているが、リーグ戦ではゴールはない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/16(金) 13:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。