ここから本文です

好調維持のU-16代表、今日ベトナム戦。久保と菅原の右サイドが初戦攻略の鍵

フットボールチャンネル 9/16(金) 14:00配信

いよいよ本日、U-16日本代表が初戦・ベトナム戦を迎える(日本時間23時30分キックオフ)。U-17W杯出場のためにここで勝利することでいいスタートを切ることができる。初戦のポイントはどこにあるのか?(取材・文:元川悦子【ゴア】)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

順調な仕上がり。選手らも「いい雰囲気」

 2017年U-17W杯(インド)出場権獲得を目指す森山佳郎監督率いるU-16日本代表が、アジア最終予選を兼ねたAFC・U-16選手権(インド)の初戦・ベトナム戦をいよいよ16日に迎える。

 彼らは11日に現地・ゴア入りし、12日から調整を行ってきたが、6月のインド遠征時のような体調不良者も出ておらず、負傷者も前日までに全て合流。指揮官も「ちょっと軽いケガで別メニューの選手がいたが、全員でいい状態で行けそうです」と公式会見で自信をのぞかせており、チームとして順調な仕上がりを見せているようだ。

 15日夕方17時からゴア南部のナベリムで1時間半にわたって行われたトレーニングでも、追加招集の松本凪夫(C大阪U-15)含めて23人全員がリラックスした様子でボールを蹴っていた。ベトナム戦前日ということもあり、この日はランニング、体幹強化の他、11対11の戦術確認、ゲーム形式を交えたリスタートのチェックなど本番を想定した内容に重きが置かれた。

 練習後半の当地は凄まじい豪雨に見舞われたが、雨季のゴアでは試合本番も同様の天気になることは十分ありえる。過酷な環境下でも冷静さと集中力を欠かさずプレーしなければならないことを、選手たちは改めて再認識したはずだ。

 こうした中、実戦形式で主力組に入ったのは、DF(右から)菅原由勢(名古屋U-18)、瀬古歩夢(C大阪U-18)、小林友希(神戸U-18)、喜田陽(C大阪U-18)、ボランチ・平川怜(FC東京U-18)、福岡慎平(京都U-18)、右MF久保建英(FC東京U-18)、左MF中村敬斗(三菱養和)、FW山田寛人(C大阪U-18)、宮代大聖(川崎U-18)。彼らのベトナム戦先発が有力視される。GKは3人が入れ替わりながらプレーしたが、これまで通り、谷晃光(G大阪ユース)がスタメンに名を連ねそうだ。

「初戦はすごく大事。僕たちは国内遠征からすごくいい雰囲気で練習できているんで、それを崩さないことが大切」とFW陣で最も評価が高い宮代が強調した通り、全員が第一戦の重要性をよく理解している。その初戦を確実にモノにするには、できるだけ早く先制点を奪うことが肝要である。

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 12:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。