ここから本文です

本田、先発復帰かまたもベンチか。現地紙はスタメン予想も取材記者が否定的な理由

フットボールチャンネル 9/16(金) 15:06配信

ミランは現地時間16日、セリエA第4節でサンプドリアとアウェイで対戦する。前節、今季初出場を果たした本田圭佑は、一部では先発を予想する報道もあったが、4試合連続でベンチスタートとなる可能性もある。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

本田、先発予想の報道もベンチスタートか?

「来週の火曜日(20日)にはラツィオ戦があるため、フォーメーションには変更がある模様。スソが中盤に下がり、本田にチャンスが回る可能性がある」

 14日、『コリエレ・デッロ・スポルト』はサンプドリア戦のスタメン予想についてこのように報じた。前節のウディネーゼ戦に途中出場し、終盤に決定的なクロスを放つなどチャンスの創出に貢献した本田圭佑を、頭から使うというのである。

 しかしながら、そうではないようだ。複数の地元メディアも伝えているが、15日の練習で試された布陣では、スソはそのまま右ウイング。エムバイエ・ニアンの出場停止明けにともないジャコモ・ボナベントゥーラが中盤に再び下がり、リッカルド・モントリーボとホセ・ソサとともに中盤を形成する模様だ。

 ちなみに前線では、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はなんとカルロス・バッカが先発から外す見込みだという。その代わりには、昨季のセリエB得点王ジャンルカ・ラパドゥーラがサプライズ起用される模様だ。

 バッカは2戦で不発、それこそ試合終盤で本田が放った右クロスをシュートまで結びつけることができなかった。「戦術は二の次で、まずは選手たちから怒りと、ミランのユニフォームを着られることへの誇りを見たい」と15日の記者会見でモンテッラ監督は語ったが、そういった形で荒療治を図る模様である。ただ、そのために本田に先発のチャンスが回る、ということではなさそうである。

 当然、出場のチャンスが回るシチュエーションとしては、相手に対して攻撃が機能せずに1点が欲しい展開となった時だ。前節同様、サイドに張ってボールを集め、ゴールを狙う味方にボールを供給できるかといったところが勝負になる。

 それはつまりミランにとっては望まれない試合展開に陥ることを意味するが、この試合に関してもそうなる可能性は高い。サンプドリアは好調だからだ。開幕から2連勝、前節ではローマに逆転負けを喰らったが、途中出場したフランチェスコ・トッティ一人にひっくり返されたようなものだった。

1/2ページ

最終更新:9/16(金) 16:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。