ここから本文です

本田、今冬にミラン退団か。フリー移籍避けMLS参戦へ

フットボールチャンネル 9月16日(金)20時52分配信

 ミランに所属する日本代表MF本田圭佑は、メジャーリーグサッカー(MLS)への移籍を検討しているようだ。15日にイタリアの『ミランライブ.it』が報じている。

【動画】本田ファンが作成したアニメ動画が話題に。星陵高校からミラン加入までのストーリー仕立てに

 本田は、今季よりチーム指揮官に就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出番が得られていない。さらに来年の6月にクラブとの契約期限を迎えるが、現時点では契約更新は難しいとみられている。

 これにより、万一この数週間で現状に変化がなければ、本田はすでに1月にクラブから出て行く可能性があるようだ。この場合クラブは、来夏にフリーで失わないよう少しでも資金を得るために700万ユーロ(約8億円)から800万ユーロ(約9億円)で売却しようと試みるだろうと報じられている。

 『mslサッカー.com』が報じるところによると、本田はMLSへ移籍することを現在検討中だという。同選手はすでに過去にもMLSでプレーすることに関心を示していることから、同リーグで今後のキャリアを続けて行こうと考えているようだ。

 本田は最近、有名な大都市に本拠地を置くニューヨーク・シティFCやニューヨーク・レッドブルズ、ロサンゼルス・ギャラクシーから接触を受けたと報じられている。

 本田の契約期限が迫っていることから、一般に“ベッカム・ルール”といわれる“特別指定選手制度”により、MLSの各クラブが年俸を独自に負担することでサラリーキャップ範囲外の本田を特別指定選手として獲得することが可能になるようだ。

 今後の将来について真剣に考えなければならない本田。万一現状に変化が現れなければ、欧州の地から離れてMLSへ移籍することなるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9月16日(金)21時37分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]