ここから本文です

D・アウベス、いつかセビージャ復帰も?「心の一部は置いてきている」

フットボールチャンネル 9月16日(金)21時50分配信

 ユベントスのブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、いつかセビージャへ復帰する可能性もあるのかもしれない。チャンピオンズリーグ(CL)での対戦後に古巣への思いを語った。15日付のスペイン紙『エスタディオ・デポルティーボ』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 2002年に母国ブラジルからスペインへ渡り、セビージャに加入したアウベスは、6年間のプレーを経てバルセロナへ移籍。バルサでもたびたび古巣との対戦を経験してきたが、今季から加入したユベントスでも、14日に行われたCLグループステージ初戦で対戦することになった。

 本拠地ユベントス・スタジアムでの試合をスコアレスドローで終えたあと、アウベスは「何年過ぎようとも、セビージャとの対戦はいつも特別なものだ」とコメント。「セビージャがこのレベルにいるのは喜ばしいことだよ」と述べ、欧州のクラブ最高峰の舞台で戦えたことを歓迎している。

「セビージャは僕の家のようなものだ。心の一部はあそこに置いてある」と古巣への思いを強調したアウベスは、いつの日かセビージャに復帰する可能性も否定せず、戻りたい意志があるかどうかについて「もちろんだ」と話している。

 現在33歳のアウベスは、2年契約に1年間の延長オプションが付く条件でユーベに加入している。イタリアでのプレーを終えたあと、キャリアの終盤を再びセビージャで過ごすこともあり得るのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9月16日(金)21時56分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]