ここから本文です

バロテッリ、1週間で元に戻る…ELデビュー戦に仏大手紙は“2点”と酷評

フットボールチャンネル 9月16日(金)23時14分配信

 フランス・リーグアンで輝かしいデビューを飾り、復活の兆しを見せていたニースに所属する元イタリア代表マリオ・バロテッリだが、1週間で元に戻ってしまったようだ。16日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節が現地時間15日に行われ、ニースはホームで日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦。この試合で期待されていたバロテッリは、見せ場を見せることができず試合を終えている。

 これを受けてフランス紙が一斉にバロテッリのパフォーマンスを痛烈に批判した。仏紙『レキップ』は10点満点で2点(伊紙では4点に値する)の採点を付け、「彼は歩き何度もミスをした。存在感があまりなく孤立しすぎた。全く動かず、ニースは頻繁に10名で試合をさせられた」と酷評。さらに、「彼から遠い所でゲームが行われていた時には無関心だった」と付け加えている。

 チーム指揮官のルシアン・ファブレ監督は、「彼と共に可能な限りベストを尽くそう。日曜日の試合で彼が2点を決めたことには満足しているけれど、我々は彼にもっと多くのことをするよう説得しなければいけない」と返答。

 さらに、「試合ではたくさん動く必要がある。今日は列車のスピードからインターネットのスピードになるくらい全てがいつもよりスピードの速い試合となった」と答えると、「とにかくマリオは常に何かのチャンスを作ることができる。今評価されるべきではない。きっと長いストーリーになるはずだ」と今後に期待する発言をしている。

 ニースの期待を一身に背負うバロテッリ。次節のリーグアンで汚名を払拭することができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9月16日(金)23時39分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。