ここから本文です

読み聞かせしながら思わず“むぎゅ~”としたくなる! 親子のスキンシップが増える絵本『だっころりん』

ダ・ヴィンチニュース 9/16(金) 11:00配信

 赤ちゃんたちが思わず顔マネしてしまう、カラフルでユニークな表情の粘土のキャラクターが特徴的な絵本『だっころりん』が2016年9月16日(金)に発売された。ママもパパもみんなで“むぎゅ~”としたくなって、親子のスキンシップが増える絵本だ。

 “だっこ”をテーマに、言葉にすると耳に心地いいテキストと、粘土でできたユニークな表情のキャラクターたちが、様々な場所や状態で“だっこ”している場面を掲載。毎日毎日子どもたちをだっこしているママは手首も腕も痛くて、クタクタ。でも同書を読むと、実は赤ちゃんにママがだっこされているのかもしれないと、これまでの“だっこ”のイメージが変わるかも。

 また、だっこしている親子を通して著者のナムーラミチヨは「だっこするしあわせ、だっこされるしあわせ、そして、だっこしている人はひとりじゃない」というメッセージを伝えている。登場するキャラクターたちをマネしてスキンシップをとることで、自然と親子間のコミュニケーションがとれるようになり、この「だっこするしあわせ、だっこされるしあわせ」を実感できるようになるはず。

 さらに、赤ちゃんに愛されて10万部を突破した絵本『だっだぁー』にも登場したキャラクター達が、同書でも大活躍。赤ちゃんの守り神であるカラフルなお化けたちの、ほのぼの親子だっこシーンも掲載されている。

 おやすみ前の読み聞かせにもぴったり。前半の幸せいっぱいのだっこから、後半はゆったりとした心地いいじんわりやさしいだっこ、という流れで赤ちゃんを自然と眠りに誘ってくれる。親子でぎゅっと、幸せなひと時を過ごそう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/16(金) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。