ここから本文です

西尾維新「100パーセント趣味で書かれた将説です」『3月のライオン』が〈物語〉シリーズとコラボ!TVアニメOP曲はBUMP OF CHICKEN「アンサー」に決定!

ダ・ヴィンチニュース 9月16日(金)20時50分配信

 羽海野チカ原作の大人気漫画『3月のライオン』コミック12巻が、2016年9月29日(木)に発売される。同日に発売される特装版では、小説家・西尾維新が手がける〈物語〉シリーズとのコラボレーションが実現。

 さらにテレビアニメが10月からNHK総合テレビで放送されることが決まり、オープニング・テーマを担当するBUMP OF CHICKENの新規書き下ろし楽曲タイトルが「アンサー」に決定した。

 西尾が手がける<物語>シリーズは、吸血鬼の体質を持つ高校生・阿良々木暦が“怪異”に悩まされる少女たちを助けるべく奔走する青春小説だ。2009年にはアニメ化され、今年の1月から『傷物語』が3部作で劇場アニメ化。最終章「傷物語記<III冷血篇>」は、2017年1月6日(金)に上映される。

 最新第12巻では、この人気の2作品が共演。その名も『月物語 第交話 つばさライオン』。『3月のライオン』の主人公・桐山零が高校2年生の冬、将棋会館の前で、<物語>シリーズのヒロインの1人、学年トップの成績で品行方正、公明正大な「委員長の中の委員長」羽川翼と出会ったことから始まる出来事を描く。見慣れた風景で見つけた見知らぬ少女が、零にもたらしたものは…。

 西尾が文章を書きおろし、羽海野が装画を描きおろしたクロスオーバー作品。西尾ファンにとっても、羽海野ファンにとっても見逃せない特別小説に仕上がった。

 一方、10月8日(土)より放送が決まっているテレビアニメ「3月のライオン」。オープニング・テーマ曲に決まったBUMP OF CHICKENの「アンサー」は、透き通るような音色のギターリフが印象的なミディアムナンバーだ。エンディング・テーマとしてオンエアされる「ファイター」とともに、同アニメが描く凛とした強さと人間味あふれるストーリーを音楽面でバックアップしている。

 9月18日(日)には、本放送に先駆けて放送される特番『アニメのとびら「3月のライオン」「クラシカロイド」』で、アニメの映像に併せた「アンサー」がいち早く聴くことができる。

 さらに、実写映画も2017年春より2部作での全国ロードショーが決定している。この勢いに乗って、『3月のライオン』を知らなかった人も、まずは漫画を読んで、小説やアニメ、そして映画に臨んでみてはいかがだろう。


■テレビアニメ「3月のライオン」
原作:羽海野チカ
監督:新房昭之
シリーズ構成:新房昭之
キャラクターデザイン:杉山延寛
美術設定:名倉靖博
美術監督:田村せいき
音響監督:亀山俊樹
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト
製作:「3月のライオン」アニメ製作委員会
⇒テレビアニメ「3月のライオン」公式サイト

■実写映画「3月のライオン」
前編:2017年3月18日(土)全国公開
後編:2017年4月22日(土)全国公開
監督:大友啓史
主演:神木隆之介
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9月16日(金)20時50分

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]