ここから本文です

【FC東京】U‐16日本代表でもプレーする平川怜の2種登録が決定。背番号は「14」!

SOCCER DIGEST Web 9/16(金) 12:43配信

パスセンスは抜群でミドルシュートの精度も同世代では抜きん出ている。

 8月のクラブユース選手権では高校1年にして攻守で躍動し、FC東京U‐18の優勝に貢献した平川怜が、9月16日にトップチームに2種登録された。フィジカル面は課題だが、パスセンスは抜群でミドルシュートの精度も同世代では抜きん出ている逸材だけに、楽しみである。

バルサの選手寮で語り継がれる「久保の伝説」。“その腕前”はスペクタクルそのもの

 現在はU‐16アジア選手権(開催期間は2016年9月15日~10月2日)を戦う代表チームに帯同。良きライバル関係にある久保建英とともにU‐17ワールドカップの出場権獲得に向け、奮闘中。FC東京のトップチームに合流するのはこの大会後になるはずだが、J1は厳しいとしてもJ3デビューは現実的な目標になるだろう。

 トップチームでの背番号は、あの武藤がつけていた「14」だ。

【平川 怜(ひらかわ・れい)選手】
□ ポジション : MF
□ 背番号 : 14
□ 生年月日 : 2000年4月20日
□ 出身 : 東京都調布市
□ 身長/体重 : 174cm/67kg
□ 経歴 : 上ノ原SC ⇒ FC東京U-15むさし
 

 

 

最終更新:9/16(金) 16:31

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。