ここから本文です

久保建英のすべて<3>――順調な日々からの暗転。彼は試合を眺めているしかなかった

SOCCER DIGEST Web 9月16日(金)6時0分配信

もはや久保は2年間も公式戦でプレーしていなかった。

 カンテラ(下部組織)での久保の成長は順調だった。個人としても日々進歩を遂げ、チームも結果を出していた。このままいけば、数年後にはバルサのトップチームでデビューを飾る日がやってくるだろう――。誰もがそんな夢を見ていた。
 
 しかし13年1月、夢は儚く打ち砕かれる。
 
 その日、バルサはカタルーニャ・サッカー協会経由でFIFAからの通達を受け取った。それは久保より3歳年上の韓国人選手、イ・スンウの登録を禁止するという内容だった。彼の移籍は、未成年の海外移籍を禁止するFIFA規約第19条に抵触する、というのだ。
 
 それでもまだ、久保はプレーを続けることができた。スペイン・サッカー協会が12歳以下の選手の移籍を認めていたからだ。しかしそれから数か月後、同じカンテラのパク・スンホ、ヤン・ギョルヒ(ともに韓国)、パトリス・ソウシア(カメルーン)、ボビー・アデカニェ(ナイジェリア)、ベン・レーダーマン(アメリカ)、テオ・チェンドリ、カイス・ルイス(ともにフランス)らとともに、久保は公式戦でのプレーを禁止されてしまうのだ。
 
 13年から14年にかけては、久保とその家族にとって非常に厳しい時期になった。毎週末、久保には過酷な現実が突きつけられる。ウィークデーは仲間と一緒に練習ができたが、週末はピッチから離れたところで、ただ試合を眺めるしかなかったのだ。その辛さはどれほどのものだっただろう。チームメイトや家族は落ち込む久保を励ましたが、彼の表情から悲しみが消えることはなかった。
 
 14年12月、クリスマス休暇の時期に久保は日本へ一時帰国する。その時、彼の両親は大きな決断を下した。
 
 もはや久保は2年間も公式戦でプレーしていなかった。家族も離れ離れで、父親は日本での仕事があり、母親は息子たちとともにバルセロナにいた。状況は誰にとっても辛いものになっていた。最後の望みは、国際スポーツ仲裁裁判所がFIFAの処分を却下する、というものだったが、それも叶わなかった。

「中学生だよね?」市船指揮官も感嘆する久保建英の存在感。帰国後1年半の成果はどこに?

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)6時0分

SOCCER DIGEST Web

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。