ここから本文です

【J1展望】鹿島×磐田|守備に不安を抱える磐田が、柴崎を2列目に抜擢する鹿島をどう抑えるか!?

SOCCER DIGEST Web 9/16(金) 18:00配信

鹿島――ミスを減らし、シンプルな対応で無失点を目指す。

J1リーグ・2ndステージ12節
鹿島アントラーズ-ジュビロ磐田
9月17日(土)/18:30/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(11節終了時):11位 勝点14 4勝2分5敗 17得点・17失点
年間成績(28試合終了時):3位 勝点53 16勝5分7敗 46得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●磐田戦は柴崎が2列目で先発する見込み。ボランチには特別な「こだわりがある」と明かしているが、それよりも大事な「チームの勝利のために」と、不慣れなポジションでも全力を尽くす。
●完敗した前節の柏戦でも、守備で存在感が際立った昌子。チーム浮上のきっかけについては「球際で勝つこと」を挙げる。また、心労でダウンしていた石井監督について「(続投という)答を出した。今度は選手がそれに応えなければいけない」と勝利を誓った。
 
【担当記者の視点】
 注目は柴崎の2列目起用だ。ボランチが本職ではあるが、フィニッシュワークでも質の高いパフォーマンスを見せるように、攻撃センスは決して低くない。いつもとは違う“得点をより意識したプレー”で前線を活性化できるか。
 
 一方の守備は、前節の柏戦、その前の横浜戦でともに2失点と、ここ最近は安定感を欠いているのが気がかり。とにかくイージーなミスを減らし、難しいことをせずシンプルな対応を心掛けてゴールを守りたい。

【FC東京】久保建英の2種登録が決定。背番号は「50」

磐田――守備の要を欠くなか、代役が奮起できるか。

J1リーグ・2ndステージ12節
鹿島アントラーズ-ジュビロ磐田
9月17日(土)/18:30/県立カシマサッカースタジアム
 
ジュビロ磐田
2ndステージ成績(11節終了時):15位 勝点8 1勝5分5敗 13得点・20失点
年間成績(28試合終了時):13位 勝点31 7勝10分11敗 34得点・43失点
 
【最新チーム事情】
●今夏のインターハイで活躍した昌平高3年のMF針谷岳晃が練習参加。
●大井が前節・神戸戦で左足腿を肉離れ。復帰までは5~7週間を要する見込み。
●神戸戦当日の朝、宮崎に第一子(女の子)が誕生。先制点の後、ゆりかごダンスで祝った。
●チームは九州への遠征時と同様に、試合前々日の17日に鹿島入り。

【担当記者の視点】
 守備の要・大井の離脱もあり、木曜日の紅白戦ではレギュラー組のメンバーが前節から3人入れ替わったが、まずは守備がポイントだ。相手の素早い動き出しや速いボール回しに、どれぐらい付いていけるか。そして、高いラインを保ち、攻撃的な守備を展開できるか。パパドプーロスや櫻内らでしっかりカバーしたい。

 攻撃陣は第2ステージだけで6点を挙げるジェイを筆頭に、クロスの鋭さが戻った太田、新トップ下として神戸戦でゴールを決めた川辺と調子は上向き。残すは、ジェイとの連係向上に意欲的に取り込むアダイウトンの覚醒が待たれる。

 名波監督は現役時代のライバルだった鹿島相手に並々ならぬ闘志を見せる。ここでの勝点3は、16位の名古屋を引き離し、残留を達成するうえでも非常に大きい。勝利を手にできれば、22日の天皇杯(大宮戦)にも、選手を温存せずに全力を注ぎ込めるだろう。

最終更新:9/16(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革