ここから本文です

【J1展望】横浜×新潟|ともに新システムを継続。勝敗を決するのはセットプレー?

SOCCER DIGEST Web 9月16日(金)17時9分配信

横浜――迫力を増したサイド攻撃で仕留めたい。

J1リーグ・2ndステージ12節
横浜F・マリノス-アルビレックス新潟
9月17日(土)/14:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(11節終了時):7位 勝点20 5勝5分1敗 18得点・10失点
年間成績(28試合終了時):8位 勝点42 11勝9分8敗 39得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●前節の仙台戦で左太ももを打撲した齋藤の状態は微妙。ベンチスタートの場合はマルティノスが先発する。
●左足甲を痛めていた中村はベンチ入りする模様。
●前節の引き続き4-1-4-1を採用して新潟戦に臨む可能性が高い。
●右MFの前田が好調。練習ではキレのある動きを見せていた。
 
【担当記者の視点】
 ステージ優勝を狙ううえで、これ以上、上位陣から離されるわけにはいかない。前節・仙台戦は、辛抱強く戦い、勝点3を奪った。今節は連勝を目指し、今後の巻き返しを加速させるような勝利を掴みたい。
 
 新システムは、まだ完璧にはフィットしていないが、よりサイド攻撃の迫力が増した印象だ。両SBも積極的に仕掛け、空いたスペースは中盤の3人が適時、埋めていく。状況をよく見た個々の流動的な動きが鍵を握るはず。ベンチ入りが濃厚の中村の復帰も期待だ。

【FC東京】久保建英の“Jデビュー”はいつ?

新潟――横浜戦でも3-4-3システムを継続。

J1リーグ・2ndステージ12節
横浜F・マリノス-アルビレックス新潟
9月17日(土)/14:00/日産スタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(11節終了時):14位 勝点9 3勝0分8敗 9得点・12失点
年間成績(28試合終了時):14位 勝点27 7勝6分15敗 28得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●前節で16位・名古屋との一戦を落とし、降格圏との勝点差は4に。
●名古屋戦では、セットプレーの守備に課題を残す。
●今週のトレーニングでは、3バックで調整。

【担当記者の視点】
 前節の名古屋戦で吉田監督は、大野、舞行龍とレギュラーCBふたりを欠く状況で3-4-3を採用。1週間、非公開練習にして臨んだ試合は、流れからは失点しなかったが、セットプレーの一発に沈み、名古屋に19試合ぶりの勝利を献上した。同時に、残留争いの渦中に引きずり込まれてしまった。

 今季からセットプレーはゾーンで守っているが、失点後もほぼ同じ形から決定機を作られている。今節はそのセットプレーを得意としている横浜が相手だけに、修正は急務だ。

 急造3バックに関しては、今週のトレーニングで経験値が高く、戦術理解、技術に優れた前野も試した。選手起用、システム含め、吉田監督の采配が注目される。

最終更新:9月16日(金)17時9分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]