ここから本文です

【J1展望】名古屋×G大阪|闘莉王vs長沢の対決に注目! 残留、優勝へ狙うは勝点3

SOCCER DIGEST Web 9/16(金) 18:30配信

名古屋――闘莉王はさらにコンディションを上げる。

J1リーグ・2ndステージ12節
名古屋グランパス–ガンバ大阪
9月17日(土)/19:30/豊田スタジアム
 
名古屋グランパス
2ndステージ成績(11節終了時):16位 勝点6 1勝3分7敗 4得点・18失点
年間成績(28試合終了時):16位 勝点23 5勝8分15敗 28得点・47失点
 
【最新チーム事情】
●前節の新潟戦で239日ぶりのJリーグ復帰を果たした闘莉王は、さらにコンディションを上げる。
●ここ2戦、右SBで先発していた磯村が累積警告によって出場停止。今節は右SB古林、左SB安田の形か。
●前節、累積警告で出場停止だったイ・スンヒは復帰。通常のアンカーではなくインサイドハーフで先発する可能性も?
 
【担当記者の視点】
 前節は残留へ向けた“大一番”新潟戦に1-0で勝利。この試合で239日ぶりにJリーグ復帰を果たした闘莉王は、さらにコンディションを上げている。7試合で7ゴールを挙げるG大阪の長沢との対決は注目だ。
 
 一方、ここ2戦で右SBとして先発していた磯村が累積警告により出場停止。前節は左SBを務めた古林を本職の右に戻し、左SBには安田が入りそうだ。
 
 また中盤の組み合わせは流動的。出場停止明けのイ・スンヒがアンカーを担当するのが本来の形だが、前節同様に田口が中盤の底に入り、インサイドハーフをイ・スンヒ、小川、ハ・デソンのうちからふたり選ぶ可能性もある。
 
 残留争いのライバルである14位新潟、15位甲府とは勝点4差。今節敗れれば再び7差に広げられる恐れもあるだけに、落とせない一戦だ。
 

G大阪――“名古屋キラー”の阿部が戦線離脱。

ガンバ大阪
2ndステージ成績(11節終了時):3位 勝点23 7勝2分3敗 17得点・9失点
年間成績(28試合終了時):4位 勝点47 14勝5分9敗 39得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●FW長沢が公式戦7試合・7ゴールと絶好調。8月の月間MVP&ベストゴールも受賞。
●阿部が左ふくらはぎ肉離れで全治8週間。“名古屋キラー”だっただけに……。
●遠藤がJ1通算100得点にあと「1」。
 
【担当記者の視点】
 公式戦7試合・7ゴールと絶好調の長沢が闘莉王と“激突”する。このマッチアップで勝つことが、勝点3を奪うための条件になりそうだ。
 
 しかし、阿部が9月10日の甲府戦で左ふくらはぎ肉離れを起こして戦線から離脱。名古屋戦は2試合連続ゴール中だっただけに痛い。
 
 名古屋には最近カップ戦を含め3試合で3分け(昨季ナビスコカップ第2戦は2―2で引き分け、PK戦の末に勝利)と勝てていない。第1ステージも3-3で引き分けており、決着をつけたい。第2ステージ優勝を狙うためには、落とせない一戦。全力で勝ちに行く!
 
 
 

最終更新:9/16(金) 18:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。