ここから本文です

【U-16日本代表】久保建英を擁する若きサムライブルーが大会初陣でベトナムと激突!

SOCCER DIGEST Web 9月16日(金)19時29分配信

U-17ワールドカップ出場のためには準決勝進出がノルマに。

 U-16アジア選手権が9月15日に開幕した。4か国ごとに4グループに分かれ、総当たりで戦い、上位2チームがノックアウトステージに進出。準決勝に進んだ上位4チームが、来年にインドで行なわれるU-17ワールドカップの出場権を獲得する(図参照)。
 
 ただし、開催国のインド代表がベスト4に残った場合は、準々決勝で敗れた4チームによる5位決定戦が行なわれる予定となっている。
 
 大会初日に行なわれたグループAのイラン対サウジアラビアは、3-2でイランが勝利。また、開催国のインドはUAEに2-3と競り負けた。
 
 グループBに所属する(図参照)日本は、大会2日目の9月16日から登場。第1戦にベトナムと激突し、第2戦はキルギス(9月18日)、第3戦はオーストラリア(9月22日)とそれぞれ戦う。

「中学生だよね?」市船指揮官も感嘆する久保建英の存在感。帰国後1年半の成果はどこに?

最終更新:9月16日(金)19時35分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]