ここから本文です

グリーン・デイの新作MV『Bang Bang』、ランシドのティム・アームストロングが監督

ローリングストーン日本版 9/16(金) 13:30配信

ランシドのティム・アームストロングが、新作アルバム『レボリューション・レディオ』のリリースに向けビデオ・クリップを監督

【映像あり】グリーン・デイの新作MV『Bang Bang』、ランシドのティム・アームストロングが監督

グリーン・デイは、バンドの公式フェイスブックのページで、シングル『Bang Bang/バン・バン』の騒々しいアクション満載のビデオを披露した。この曲は、10月7日に発売が予定されている新作アルバム『レボリューション・レディオ』の最初のシングル・カットとなる。

このクリップは、ランシドのティム・アームストロングの監督によるもので、ラバーマスクを被った3人組の強盗が銀行に侵入する。強盗のラバーマスクは、グリーン・デイのメンバーの顔を誇張して似せたものだ。一方、本物のバンドはハウス・パーティーで新曲を演奏し騒いでいるのだが、バンドが銀行強盗を働いたとのニュースが報道される。マスクの犯人は素早く逃亡するが、マスクを取ると、その正体はバンドのメンバーではなく、さらに若い子供たちなのである。

ビリー・ジョー・アームストロングは、この曲を無差別銃撃犯の視点から書いたとローリングストーン誌に明かしている。「この手の逆上型の事件はまま起きるが、今じゃそれが同時に映像に記録され、みんな誰もが自分自身を監視される状況に置いている」と彼は曲の発想について話す。「俺にとっちゃ、ねじれた話なんだけどな」

Translation by Kise Imai

BRITTANY SPANOS

最終更新:9/16(金) 13:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。