ここから本文です

キース・リチャーズ、ロバート・プラントらが、難民危機や政治的暴力の犠牲者を支援

ローリングストーン日本版 9/16(金) 18:00配信

キース・リチャーズ、ロバート・プラント、リンゴ・スター、エルヴィス・コステロ、ピーター・ガブリエルら175組を超えるアーティストたちが、難民危機、宗教・政治的暴力の犠牲者へ支援を募る国際的キャンペーン"We Are Not Afraid(私たちは恐れない)"への支持を表明した。

ビヨンセ、リアーナ、アリシア・キーズらが訴える:黒人がすると殺される23の行動

オノ・ヨーコ、イギー・ポップ、ブライアン・ウィルソン、デボラ・ハリー、ジェフ・トゥイーディー、チャック・D、バディ・ガイ、マイ・モーニング・ジャケット、ナイル・ロジャースらも同キャンペーンに参加しており、ナイジェリア出身のマジェック・ファシェックの曲『We Are Not Afraid』を中心に活動を行っている。

9月29日には、ケヴィン・ゴドレイが監督を務めた同曲のMVも公開予定で、175組のアーティストが"私たちは恐れない"というサインを掲げる姿が映し出されるという。

同キャンペーンによって集められた支援金は、ヒューマン・ライツ・ウォッチとユダヤ人救出委員会に寄付される。

「世界中で増幅している理不尽な暴力に対する問題提起、犠牲者を救済するための組織に注目を集めることが、"We Are Not Afraid"の目的・意図です」と、同活動の創設者でコンサート・プロモーターのスティーブ・ウェイツマンは公式WEBサイトで述べている。「"私たちは恐れない"というサインを掲げて集会を開くことで、そういった暴力に抵抗していきたいと思います。そういった映像が活動にひらめきを与え、成果を生むのです」。

「理不尽な憎しみは、人間が自ら生み出したガンです」と、ゴドレイは付け加えた。「それに屈服することは、人類の滅亡すら意味するのです」。

同活動には、クエストラヴ、プッシー・ライオット、ジョージ・クリントン、スーザン・サランドン、サーストン・ムーア、フィオナ・アップル、フレッド・アーミセン、フィル・レッシュ、ラルフ・ステッドマン、ドアーズのロビー・クリーガーとジョン・デンスモア、シェパード・フェアリーらも参加している。全ての参加者リストは、WEBサイトWe Are Not Afraidで見ることができる。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

DANIEL KREPS

最終更新:9/16(金) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。