ここから本文です

日本映画史の中の『君の名は。』と『君の名は』~爆発的ヒットの秘密 「運命の人」をめぐる物語

現代ビジネス 9月16日(金)12時1分配信

 『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)が大ヒットし、興行収入70億円を突破する勢いだというが、それを抜きそうな勢いでアニメ『君の名は。』(新海誠監督)もヒットし、こちらは100億円が見えてきていると報じられている。

 その昔、アニメと特撮は一部のマニアが見るものと白眼視されていたのを体験している世代としては、夢のような時代だ。

 映画史をひもとくと、「ゴジラ」と「君の名は」の文字がタイトルに入る映画が興行ランキング上位にあった年が、他にもある。

62年前も『ゴジラ』と『君の名は』が大ヒット

 最初の『ゴジラ』(本多猪四郎監督)が公開されたのは1954年11月で、その年の4月に、松竹映画『君の名は』(大庭秀雄監督、菊田一夫原作)も公開され、大ヒットしているのだ。

 1954年の『ゴジラ』対『君の名は』の観客動員対決では、『君の名は』が圧勝だ。

 『君の名は』はNHKラジオで1952年から54年まで放送され、大ヒットしたドラマの映画化だ。岸惠子と佐田啓二が主演し、1953年9月に第一部、12月に第二部が公開され、54年のゴールデンウィークに公開されたのは第三部にあたる。『君の名は』は松竹映画で、東宝が同時期に封切ったのが黒澤明の『七人の侍』だった。つまりは日本映画黄金時代のまっただ中にあたる。

 その黄金時代、黒澤明や小津安二郎、木下恵介、溝口健二、成瀬巳喜男らの映画史に残る名作よりもヒットしたのが、メロドラマの中のメロドラマ『君の名は』三部作だった。

 1953年の興行ランキング1位が『君の名は』「第二部」で3億0002万円、2位が「第一部」で2億5047万円、54年の1位が「第三部」で3億3015万円である。続編の観客動員は前作より減ることが多いが、『君の名は』はその逆で増えている。

 同時期の東宝の『七人の侍』は2億9064万円で3位と、金額ではかなり差が付けられている。対する『ゴジラ』は54年の8位で1億5214万円だ。

 2016年も、『君の名は。』が『シン・ゴジラ』を抜くだろうと言われており、大怪獣を退治する話よりもラブストーリーのほうがヒットするのは今も昔も同じなのだ。

 『シン・ゴジラ』と『ゴジラ』は一応のつながりがあるが、『君の名は。』と『君の名は』にはタイトルが似ているだけで、何のつながりもない。ストーリーが「男女がなかなか会えない話」という点での共通点はあるが、そんな話は他にもいくらでもあるから共通点とは言えない。

 菊田一夫作『君の名は』はその後も何度かテレビドラマになっているが、最後が1991年でNHKの朝ドラだった。どうでもいいが、この年も広島東洋カープが優勝した年で、カープが優勝した年も『君の名は』とは縁がある。

 いずれにしても、『君の名は。』の観客の多くは、1954年の岸惠子の映画も91年の朝ドラも知らないだろうから、リメイクだと勘違いする人も、まずいないだろう。

 『君の名は。』を見に行った若いカップルにとって、この古風なタイトルは、かえって新鮮に映ったに違いない。

1/5ページ

最終更新:9月18日(日)2時21分

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。