ここから本文です

SNS上での“表”と“裏”…女性たちの本音が空恐ろしい

週プレNEWS 9月16日(金)15時0分配信

『週刊プレイボーイ』本誌の人気連載『帰ってきたOL萌え萌え倶楽部 VOL.308』。毎回、旬なお題にOLたちが答えてくれた大アンケートから厳選してお届けしております。

OLちゃんの生活の一部といっていいSNS。でも、あれって結構、本音とタテマエありそうだよね。そこんところ詳しく教えて~!!

●義理いいね!
FBとかツイッターは毎日チェックするけど、自慢話にしか聞こえないときは「またかよ」「それがどうした?」「で?」と舌打ちなどを加えながら、とにかく“いいね!”だけはしまくります。いってみれば“義理いいね!”。よっぽど体調も良く、私生活がうまくいっているときは素直に「へぇ」とか「すごい」と思うけど、だいたいは義理です。
(一昨年の5月から朝型に変えた商社・26歳)

●脚が映えますね
夏になるとイラッとするのは、高級リゾートのプールやプライベートビーチなどでの水着ショット。いちばん腹が立つのが「自分の脚+ビーチ&海」。あえて「脚」しか写しておらず、しかもその「脚」を長く見せるようにして、その背景に美しいビーチ。さりげなく自分のキレイさもアピールしたいんだろうなぁと思っちゃう。ただのひがみとわかっていても、イライラするのです。
(FBの友達が500人を超えたカード・26歳)

●誰かと一緒に
何を書き込んでも誰かに何か言われそうなので、登録はしているものの、あまり自分からはアップはしません。だけど、友達と一緒のときはタグ付けされて勝手にアップされちゃうことも。ただ、このせいで、会社関係の人だったり、苦手な男性だったりを友達登録していないことがあからさまにバレたりすることが本当に面倒。友達に「アップしないで」と言うと、またその理由を説明しなければいけないし、さらに面倒。そういうことを考えるとSNSはいらないなと思います。
(貯金が700万円になった証券・29歳)

●コメントは2パターン
食べたものは差し障りがないと思い、おいしいものを食べたときはアップしてます。「おいしそ~」「食べた~い」というコメントのオンパレードですが、私も友達が食べ物をアップするとこのふたつのコメントで乗り切っちゃうので、みんな一緒なのよねと思っています。
(エッチよりひとりエッチが好きなIT・27歳)
●2倍増し
イラッとするのは、自分がかわいく写っている写真ばかり毎日上げてくる人。実物の2倍程度かわいく写っているものばかりのオンパレード。ありがちだけれど、周りの人の写りはおかまいなし。「どんだけ自分が好きなんだよっ」とツッコミながら見ています。でも、最近は「今日はどんだけ実物と違うかなぁ」と思いながら眺めるのが面白くて、ある意味、楽しみだったりします。
(トライアスロンに挑戦中の商社・25歳)

●リア充自慢
みんなに先駆けて流行りの店に行ったり、注目のスイーツを食べたり、話題の映画の試写会行ったり、なかなか取れないチケットを取ってフェスやライブに行ったりしたときなどはFBやインスタにアップします。どういう気持ちかと聞かれれば、自慢? 自慢じゃないとしたら報告ですが…やっぱり自慢? リア充自慢なのかなぁ。でも、やめられません!
(ヤクルト大好き、神宮が大好きな広告・27歳)

●仲良しアピール
カレとのことはあまりアップしません。する場合は、あえて誰といるかは隠して「○○にいまぁす」と場所だけ書いて、見ている人の想像に任せつつ軽く自慢。でも、女友達との会は「こんなに仲良しで~す♪」「女子にも嫌われてませ~ん」「友達関係も充実してまぁす」というアピールのため積極的にアップしています。深くは考えていないけれど、頻繁に女子会をアップしている友達を見るとそう感じるので、自分もそうなのかも?
(週末は農家の手伝いをする化粧品・26歳)

●女子向け? 男子向け?
ネイルやヘアカラーやカットした後などはついついアップしてしまいますが、それは単純に気分が上がっているから。「わ~、かわいい」とか「いい感じに仕上がった」などを伝えたいからって感じです。ただし! 花とか自分で作った料理は違う。花が好き、料理が好きな自分アピール。これは男子に向けてって感じ。そう思っちゃいます。
(この夏初めてブラジリアンワックスで脱毛した自動車・26歳)

はみまんアンケート
「フェイスブック登録」OLは96%。「ツイッターしてる」OLは94%。「インスタしてる」OLは94%。「ブログしてる」OLは62%。「SNSの投稿でちょいちょいイラつく」OLは72%

(イラスト/平松昭子)

最終更新:9月16日(金)15時0分

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.41
9月26日(月)発売

特別定価430円(税込)

安倍首相が「北方領土解散」決断!/86、
GT-R、NSX辛口試乗ルポ/「魅力のな
い街」返上へ、名古屋の逆襲【グラビア】西
野七瀬/大川藍/佐々木希/原幹恵 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]