ここから本文です

日本企業は、なぜデータ活用に躊躇するのか

ダイヤモンド・オンライン 9月16日(金)6時0分配信

● 「取り返しのきかない失敗」と 「取り返しのきく失敗」

 前回は、右肩上がりで成長を続ける訪日客へのインバウンド施策に、データを積極的に活用すべきという趣旨で、迎える側の日本人が、すべての訪日客に画一的なサービスや商品を押しつけるのではなく、彼ら一人ひとりの属性や行動から、必要な情報を探り出して提供すれば、自ずと日本のインバウンド市場は伸びるだろうと書きました。

 訪日客に知られざる日本を体感してもらうためには、思いつきや、ありきたりな先入観に頼るのではなく、データや事実に基づいたトライ・アンド・エラーが必要なのですが、どうやら日本企業の多くは失敗を恐れるあまり、臆病になっているように思えるのです。

 こんな時こそ、失敗には「取り返しのつかない失敗」と「取り返しのきく失敗」があることを思い出すべきでしょう。

 前者は、社会や顧客との信頼に大きなダメージを与える失敗であり、絶対に避けなければなりません。しかし、次の挑戦に結びつく失敗はむしろ推奨されてしかるべきでしょう。データ分析につきものの試行錯誤は、まさに後者にあたる代表例です。

 データの扱いに慎重であることは結構なことですが、躊躇するとなると話は別です。きちんと対処すれば回避しうるレベルの失敗を恐れるあまり、データ活用そのものを諦めるのは本末転倒といわざるを得ません。

 当然のことながら、個人情報に紐づくデータは、それを生み出したユーザー自身のものです。しかし、この事実を軽く見ている人が多いのもまた事実です。

 データ利用の許諾を得て、匿名性を守り、データがもたらす価値に見合った見返りを返すことを、正しいプロセスに則って行えば、たいていのトラブルは未然に回避することが可能です。それにも関わらず「炎上」事件が多発するのは、こうした真っ当な手順を踏んでいないからに違いありません。

 これまで国内で起こったデータビジネスに関わる炎上事件を見る限り、主役であるべきユーザーへの配慮より、データを活用する企業側の利益やメリットばかりが目立つものでした。

 そのすべてがユーザーの利益を無視したものではなかったでしょうが、実情はどうあれ、ユーザーがないがしろにされていると受け止めたら、その時点で、たとえ多くの人にメリットをもたらす可能性があるビジネスであったとしても、実現することは難しくなってしまいます。

 準備不足や不用意な情報発信、粗雑なデータの扱いによって、世界をより良い方向に変える芽が摘まれてしまうとすれば、社会的損失というほかありません。

● データを活用し世界を より良い方向に導くために

 正しいデータの活用のあり方を広めるためには、ビジネス事例を増やすだけでなく、啓蒙や教育も重要な役割を果たします。

 筆者は、本業の傍ら2014年からある取り組みに関わりはじめました。その取り組みとは、学生を対象としたデータを活用したアイデアコンテストを広く支援していくことです。ビジネスの常識にとらわれていない学生時代から、データの正しい扱い方や活用法に触れておくことは重要だと考えたのです。

 その一つが、慶應義塾大学SFC研究所データビジネス創造・ラボが行う「データビジネス創造コンテスト(通称DIG)」です。第5回を迎える今回は、地方創生・地域活性化をメインテーマに、訪日外国人が少ない地域へ、どのように誘客できるか競う誘客部門と、訪日外国人さらなる消費を促すための施策を競う消費活性化部門のふたつで競い合うことになりました。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]