ここから本文です

「オワハラ」批判を避けたい企業の2017採用事情

ダイヤモンド・オンライン 9月16日(金)6時0分配信

 来春入社の新人を採用する「17採用」が収束しつつある。が、多くの人事担当者の表情は冴えない。前年まではなかった、新たな内定辞退リスクが生まれているからだ。内定者が本当に入社するのか。10月1日の内定式まで、人事担当者のハラハラは収まらない。

● 「オワハラ」批判を避けたい経営者の心理

 2年連続で採用スケジュールが変わった新卒採用。経団連による新たな「採用選考に関する指針」により、選考開始が6月1日と2ヵ月前倒しになった17採用は、多少の混乱はありながらも、収束に向かっている。

 実質的な就活期間が短くなったことにより、学生の企業研究が甘くなった。

 採用側も、学生の人となりをじっくり掘り下げる時間がない。

 そのため、インターンシップを実施する企業は増え、なかにはそれを実質的な事前選考の機会とするケースも少なくない。

 さまざまな問題が指摘されながらも、一応、採用シーズンは終わり、多くの企業が10月1日の内定式を目前にしている。

 しかし、まだわからない。

 9月いっぱいまで、内定辞退リスクは潜在しており、ことに今年は、前年までにないリスク要因があるからだ。

● 「他社を辞退すれば内々定を出すと言われた」

 ある大手製造業の採用担当者は言う。

 「今年は、最終的な入社意思の確認に、慎重になっています。オワハラ批判が怖いからです」

 内々定を出すにあたって入社意思を確認することは、採用担当者にとって当然のことだが、それがやりにくくなっているというのである。

 オワハラ、すなわち「就活終われハラスメント」は、16採用で話題になった現象。ネット上で就活学生が、企業側の対応が横暴、抑圧的だと指弾したのである。

 その時は、「また珍妙な流行語が登場したな」としか認識されていなかったように思うが、すぐに忘れ去られる泡のような言葉ではなかった。17採用では、企業がそれを無視できなくなったというのだ。

 「ネットに書かれたりして、悪い評判になってはならない。それで、入社意思の確認をマイルドにせざるをえないのです」。前出した採用担当者は、そう述べる。

 就活学生の間でオワハラと呼ばれる企業の対応には、どのようなものがあるのか。

  「内々定後の呼び出し(複数回)。8月1日を拘束」
「他社を辞退すれば内々定を出すと言われた」
「他社を受けて決めたいと言っても待つ気はないと言われた」

 これらは人材コンサルティング会社・プロフューチャーが、昨年(16採用)、就活学生を対象におこなったアンケートへの回答だ。

 これらすべてが正しく「ハラスメント」であるかどうかには、議論の余地があると思う。

 もちろん、あからさまに選択肢を奪う論法で迫るケースもあれば、言葉や態度が横暴であるケースもあるのだとは思う。

 そこまでいかなくとも、企業の側からすれば当然の入社意思確認が、選ばれる側にはプレッシャーと感じられることはあるのだろう。

 しかし、首をかしげてしまう事例もある。

 「内定先から内定祝いの花が送られて来た。暑中見舞いが送られて来た」

 このような儀礼や祝福すらハラスメント呼ばわりされるのでは、人事スタッフは立つ瀬がない。

 つまり、学生側にナイーブすぎる反応が少なからずあるのは確かだ。

 もちろん、冷静な学生もいる。

 「他社を断るよう言われ、これが所謂オワハラなのかとは思ったが、企業が学生を囲うのは当然だと思うので特に否定的には捉えなかった」

 このような意見もあるとはいえ、企業の中にはナイーブな若者の反応にすら過敏になるケースもあるのだ。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)17時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

ダイヤモンド・オンラインの前後の記事