ここから本文です

「ポケGOプラス」で加速する錬金術の仕組み

東洋経済オンライン 9月16日(金)6時30分配信

 本日9月16日、「Pokemon GO Plus(ポケモンGOプラス)」が発売となります。もともとは7月29日に発売が予定されていたものですが、延期が発表され、9月16日発売となりました。

この記事の写真を見る

 発売に先立ち、機能の追加も発表されたのですが、この機能追加が実はとてつもない課金効果を生む仕組みとなっています。専用ガジェットの発売とともに、アプリ内の売り上げを強化する仕様が加わりましたので、その仕組みについて、今回はお伝えします。

■課金人口はどんどん減っている

 まず、これまでのポケモンGOの売り上げについて見てみましょう。

米国国内限定の分析結果ですが、調査会社Slice Intelligenceの発表によると、「ポケモンGO」自体の課金人口は、 8月30日時点で、7月15日のピークから79%もの下落となっております。1人あたりの課金額×課金人口=売り上げとなるので、当然母数が5分の1となるのは大きなダメージです。しかし、それでもなお「ポケモンGO」は米国全体のモバイルゲーム売り上げの28.4%を占めています。 ちまたでは「ポケモンGO」は旬が過ぎた、ユーザーが大量離脱したと言われてますが、そのほかのタイトルが束になってもかなわない、圧倒的な存在感を今もなお、示しているわけです。

 では、現在の「ポケモンGO」の課金の仕組みについてまずお話しさせて頂きましょう。

 「ポケモンGO」は一般的なソーシャルゲームに比べ、「あまり課金が必要ない」システムになっています。正確には、普通にプレーするのであれば課金が必要ないとでも言いましょうか。

 また、強力なゲーム用のカードが手に入るいわゆる“10連ガチャ”や、お得さで消費をあおる“月初のガチャイベント”なども行われていません。

 では、どのように「ポケモンGO」は課金しているのでしょうか? 

ポケモンGOの課金内容とは

 まず、ひとつは「ポケモンを引き寄せる消費型アイテム」です。「おこう」「ルアーモジュール」がそれに当たります。前者は自分のみに適用される効果となりますが、後者は周りにいるプレーヤー全員がその恩恵にあずかることができることから店舗の集客などにも使われ、話題を呼んでいました。

 次の課金要素は「機能拡張課金」です。「バッグアップグレード」と「ポケモンボックスアップグレード」、この2つの課金は、ゲームを「気持ちよく」「効率的に」プレーするための課金です。アイテムの保持数上限やポケモンの保持数上限を拡張する課金ですが、こちらもハマるほどプレーしないかぎりは必要ありませんし、一度課金すればずっと効果があるものなので、ハマったからといって1万円も課金するものではありません。

 そして「しあわせタマゴ」。こちらは一般的にはブースト課金、バフ課金と呼ばれるものです。簡単に言うと経験値入手が倍になる消費型のアイテムで、30分間効果が持続します。ただし、あまりお得感がないことから、日常的に使うプレーヤーは限られます。

■「課金する気はあるのか」と疑問が湧く内容

 おっと忘れてました、「モンスターボール」も課金で購入できます。ただし、ご存じのとおり「ポケモンGO」には上位の性能を持った2つのボール「スーパーボール」と「ハイパーボール」が存在し、それらを使うとポケモンがより捕まえやすくなることから、一番下のボールである「モンスターボール」を買う意味は序盤を除きあまり存在しません。この上位2つのボールやモンスターを捕まえやすくする「ズリのみ」は購入することができないうえ、比較的容易にゲームプレーで入手できます。

 正直、「課金する気はあるのか」とつい言ってしまう人がいるのもわかる気がします。課金をすればすぐに強いポケモンを入手できるわけでもなく、強いポケモンが手に入るガチャも見当たらない仕組みなわけですから。

 そして、最後にご紹介するのが「ふかそうち」です。

 これが今回の「ポケモンGOプラス」で目を覚ます、課金の目玉となる仕組みです。プレーヤーはポケストップで入手した「タマゴ」を「ふかそうち」に入れて一定の距離を歩くと、「タマゴ」の中からポケモンが出てくるというのが「ふかそうち」の仕組みです。

 「ふかそうち」は同時に最大9個利用が可能です。ただし、無料で何度でも使える「∞ふかそうち」以外はプレーヤーは1つ150ポケコインで購入することとなります。さらに3回使うと壊れます。つまり、「ふかそうち」は継続的に課金できる仕組みなわけです。

 たとえば、課金の「ふかそうち」を8個購入すると、1200ポケコイン。100ポケコインは120円で、まとめ買いすれば安くなり約81円相当ですから、1000円弱で計24回「タマゴ」をかえすことが可能だったわけです。

 タマゴは9個以上増やせないため、新しいタマゴを入手するにはひとつのタマゴを孵化するしかなく「ふかそうち」は“機会損失”を嫌うプレーヤーにとってもっともやりがいのある課金要素でした。

 ただし、ある問題がありました。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)16時5分

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事