ここから本文です

嫁ブロックを突破できない人は起業家の才能ゼロ

ニューズウィーク日本版 9/16(金) 16:30配信

<夫(妻)が独立や起業を考えていたら、どうすべきか。「配偶者というのはこの世の中でもっとも信頼できる相手」と、『共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』著者の加谷珪一氏は言う。同じ会社で定年まで勤め上げることがますます減る今の時代、共働き夫婦には避けて通れない話題だ>

 日本で共働き世帯は増加傾向にある。若い女性の専業主婦志向がメディアで取り沙汰されたりもするが、現実には、結婚したカップルの半数以上が共働き夫婦となる。それも「生活のために...」といった、お金にまつわる消極的な理由を挙げる人が少なくない。

 だが、共働きはむしろ「お金を稼ぐのに有利」だと、ポジティブに捉えるべきではないだろうか。本誌ウェブコラム「経済ニュースの文脈を読む」でお馴染みの評論家であり、億単位の資産を運用する個人投資家でもある加谷珪一氏によれば、夫も妻も「富を生み出す資産」であり、夫婦とはいわば「ポートフォリオ(資産の組み合わせ)」なのだ。

 加谷氏は新刊『30年後もお金に困らない! 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』(CCCメディアハウス)で、夫婦という資産が生み出す収益を最大化するためには、合理的に振る舞うことが大切だと指摘。マイホームから、貯蓄と投資、保険、子どもの教育費、親の介護と相続まで、共働き夫婦の「収益性」を上げるのに役立つ57の基礎知識を伝授している。

「夫+妻+夫婦」という3つの財布を持つことを推奨する本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第3回は「No.34 嫁ブロックすべきか」から。


『30年後もお金に困らない!
 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』
 加谷珪一 著
 CCCメディアハウス


※第1回:共働きも、お金持ちになりたければ住む場所を選べ
※第2回:子供の学校の集まりにのめり込むのは経済的にムダ

◇ ◇ ◇

●お金持ちになれる人 → まずは嫁ブロックしてみる●お金に縁がない人 → こうした話をする雰囲気にないor勝手に決めてしまう

「嫁ブロック」とは、独立や転職を考える夫に対して、妻が反対することを指す言葉です。SMAPの独立騒動で、キムタクの妻である工藤静香さんが独立に反対したと伝えられたことから、あらためて嫁ブロックという言葉が注目されることになりました。

 キムタクの場合には、独立しない方が経済的な利益が大きいと考えられるので、静香さんの行動は、ブロックどころか最適なアドバイスだったのかもしれません。

 それはともかく、一般人の世界でも、せっかくのチャンスを嫁ブロックで生かせないというケースが数多くあるようです。これは逆もあり得るでしょう。妻が新しいことにチャレンジしようとしているのに夫がそれを邪魔するという図式です。

 では実際にパートナーが何か新しいことにチャレンジするという場合には、相手はどう反応すればよいのでしょうか。筆者はもう少しポジティブな意味で、嫁(夫)ブロックをするのがよいと考えています。

とりあえずは反対してみる

 筆者は仕事柄、人から起業などの相談を受けることが少なくありません。中には真剣にアドバイスしたいと思える人もいるのですが、ほとんどが、いわゆる「独立したい病」です。口では独立したいと言うものの、実際には独立しない人たちということなのですが、このようなタイプの人には現実を教えてあげるのが一番です。

【参考記事】学歴や序列さえも無意味な「新しい平等な社会」へ



 相手がエリート・サラリーマンなら、「独立するとゴールドカードが作れなくなりますよ」とか「自営業者になると年金は全額自己負担になりますよ」「大企業の看板がないと、紹介があっても人に会ってもらえなくなりますよ」などと言えば、たいていの人は独立を諦めます。

 同じように、嫁ブロックにあっていて、なかなか決断できないという相談も多数ありました。そのような時には、「嫁ブロックを突破できていない段階で、あなたには起業家としての才能がゼロなので、諦めた方がいいですよ」とかなり厳しくアドバイスしてきました。

 配偶者というのはこの世の中でもっとも信頼できる相手です。この相手を説得できないようでは、独立したり転職したりしても、うまくいかない可能性が高いのです。その意味では、嫁(夫)ブロックは、本人にとって最初のテストのようなものなのです。

 とりあえず反対してみて、それでも納得できるような答えが相手から返ってきた場合には、今度はポジティブに可能性を検討してあげてもよいと思います。こうしたやり取りができるのは、夫婦だけであり、これ以上の相談相手はいないはずです。

※第3回は9月17日に掲載予定です。


『30年後もお金に困らない!
 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』
 加谷珪一 著
 CCCメディアハウス

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

最終更新:9/16(金) 16:30

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)