ここから本文です

建設費1700億円のNHK新センターに「受信料の取り過ぎ」の指摘

デイリー新潮 9月16日(金)12時0分配信

 みなさまのNHKが、東京・渋谷にある放送センターの建替計画を発表した。

「昨年、総工費3400億円が高すぎると批判され白紙撤回。あらためての発表で、想定建設費は1700億円になった」(放送記者)

 いきなり半額かと思えば、今回発表されたのは、3棟からなる建物費、設計・監理料、電源設備費を合わせたもので、いわばハコ物。肝心の中味である番組制作設備、送信設備といった設備費が含まれていないのだ。

「前回の想定では設備費は1500億円。今回は移転ではなく、建替なので設備は徐々に更新するために計上しないとか。いずれにしても大金ですがね」(同)

 その大金をどう用意するかと言えば、もちろん受信料である。しかも、2015年度末時点で、1627億円もの建替用の積立が出来ているという。東京五輪後に始めるという建替までには、建設資金は十分ということになりそうだ。それにしても、11年から始めたという積立が、わずか5年で1600億円とは! 

「受信料の取り過ぎです」

 と言い切るのは元NHK職員の立花孝志氏だ。

「NHKがお得という衛星契約12カ月前払い(振り込み)でも2万4770円ですから、月2000円以上。取り過ぎて余っているから、こんな大ざっぱな計画になるんです。1世帯あたり1000円でも十分」

 これに対してNHKは、

「全体の収支の中で総合的に検討してまいります」(NHK広報局)

 高市早苗総務相は、値下げが適切と言っている。

「週刊新潮」2016年9月15日号 掲載

新潮社

最終更新:9月16日(金)12時0分

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。