ここから本文です

“合体シーン”は必見!人気の寝台列車「サンライズ瀬戸・出雲」に乗ってみた

女子SPA! 9/16(金) 16:20配信

 こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。

 和久井は寝台列車が大好きです。『銀河鉄道999』(映画版)に脳みそを毒されているからでしょうか。食堂車でビフテキを食べるのが夢だからでしょうか。東京と北海道を結んでいた「あけぼの」にはよく乗ったものです。

⇒【写真】サンライズ瀬戸・出雲の車内・車窓の様子

 2016年現在、日本で運行されている寝台列車は、「カシオペア」「サンライズ瀬戸・出雲」「トワイライトエクスプレス」のみ。今回はその中でも比較的安価なサンライズ瀬戸・出雲に乗ってきました。

◆寝台列車は買い物プランから考える

 このサンライズ瀬戸・出雲、めちゃくちゃ人気で、なかなか席が取れないといいます。和久井は乗車を思い立った1週間前にチケットを取ったので、かなりラッキーだったのかもしれません。

 この列車を利用したのは、岡山―東京間。2泊旅行の復路でした。東京発はすでに満席だったので、帰りの席しか取れなかったんです。……が、これがなかなかいい選択肢だったかも。「寝台列車は帰りに乗る!」がお勧めです。その理由は後ほど。

 さて、まずは準備です。

 寝台車には、お酒だのおつまみだのを持って入りたいですよね。岡山駅直結のイオンは夜9時閉店、改札前のスーパー兼お土産屋さん「YOURS」も夜10時閉店です。ここに間に合うように買い物プランを立てましょう。

◆必見!「瀬戸」と「出雲」の合体シーン

 夜の10時過ぎ、岡山駅。ホームにはなにやらカメラを手にした人がぞろぞろと集まっています。最近「撮り鉄」が増えてるのかなあ、なんて思っていたんですが、なるほど。岡山駅ではサンライズ瀬戸・出雲の一大イベントがあるんですね。

 それは、瀬戸と出雲の合体シーンです。四国からやって来たサンライズ瀬戸と、出雲からやって来たサンライズ出雲が、この岡山駅で連結されるんです。

 いや、サンライズ瀬戸・出雲は毎日運行しているので、これが毎日行われてることを思うと、やっぱり撮り鉄人口は増えている気がする!

◆女性1人には十分な広さの個室

 さて、和久井が取ったチケットは「シングル」です。B寝台1人用個室という、小さめのベッドが1台ついた個室でした。

 シングルは通路を挟んで左右にあるので、東京へ向かって左の部屋を取ってみました。そちらの方がよいとネットでお勧めだったのです。

 シーツの被せてある毛布と枕、部屋着がついてます。室内に鏡があるのも気が利いてる!

 で、部屋に入ってビールを開けて一口飲んだ途端、記憶が飛びました。そりゃそうですよね。旅行中だったので、朝6時に起きて炎天下の岡山をウロウロ歩いて1日過ごしたわけです。クタクタですよ。

 周りは静かだし、電車は心地よく揺れているし、爆睡して気付いたら朝でした。ちょっとだけ覚えているのは、窓から星が見えたこと。もう少し田舎を走っているときだったら、もっと満天の夜空が見えるのかもしれません。

◆寝台列車は帰りがいい理由

 目が覚めたのは、静岡駅の手前。ここから、ぐんぐんと近づいていく富士山が見えました。

 ちなみにネットで東京行きの列車で左側がお勧めされているのは、「すれ違う電車が見られる」という、けっこう“鉄“色の強い理由だったみたい……。左右どちらがいいかは、ホントお好みかもしれないです。在来線の線路は、新幹線よりも海寄りを走っているので、いつもと違う風景が楽しめるのも魅力でした。

 朝7時過ぎに東京駅に到着です。

 めちゃくちゃ爆睡したので、スッキリ。このまま出社してもバリバリ働けそうです。往路だったら、こうは爆睡できなかったかもしれません。

 寝台車を楽しむという意味ではフツーだけど、時間を有効に使うという意味なら、泥のように疲れている復路は爆睡必至で最高です。

 なお、サンライズ瀬戸・出雲にはシャワーがついています。B寝台の場合は別料金ですが、朝出勤する方なんかは使うといいかもしれません。

<TEXT/和久井香菜子>

女子SPA!

最終更新:9/16(金) 16:20

女子SPA!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革