ここから本文です

日本で戦力外、いまやメジャー目前。中後悠平の“変則左腕”は通じるか。

Number Web 9月16日(金)18時1分配信

 ワシントン州タコマで行われたマイナーリーグの試合で、珍しい日本人対決が実現したのは、9月3日の夜だった。

 青木宣親と中後悠平(なかうしろ・ゆうへい)。元東京ヤクルトと元千葉ロッテ。青木はマリナーズ傘下3A級マイナーのタコマ・レイニアーズ。中後はダイヤモンドバックス傘下のリノ・エーセズの一員だった。

 青木宣親については説明不要だろう。日本で首位打者を3回も獲得した稀代の安打製造マシーンである。2012年のメジャーリーグ挑戦時はブルワーズの控え外野手としてスタートしながらも、その後レギュラーポジションを獲得し、ロイヤルズではチームの1番打者としてリーグ優勝に貢献。現在(9月8日時点)まで日米通算1939安打を記録している。

 一方の中後は、変則の左腕投手として2011年のドラフト2位で千葉ロッテに入団。日本プロ野球では37試合に登板して2勝2敗、防御率5.68の成績で、昨オフ自由契約となり、今春ダイヤモンドバックスとマイナー契約した。

ロッテを戦力外になり、マイナー底辺から這い上がる。

 青木は今年の6月に打率2割4分5厘と不調を極めて、自身初のマイナー降格。メジャー復帰後は3割以上打って打率を2割6分5厘まで戻したが、8月下旬になってチームから「投手陣のテコ入れをしたい」という不可解な理由で再びマイナーに降格させられ、タコマでプレーしていた。

 中後の方は、日本のプロ野球を戦力外になった選手たちを追うテレビのドキュメンタリー番組がきっかけでメジャーリーグのスカウトの目に留まり、2月下旬にダイヤモンドバックスとマイナー契約。マイナーリーグの底辺であるルーキーリーグからローA級、ハイA級、3A級と段階的に昇格。3A級では“左殺し”の救援投手として、9月3日までに12戦連続で無失点。3A級昇格前のハイA級から数えると19試合連続(当時)で無失点記録を伸ばしていた。

日本ではすれ違った2人、アメリカで初対決。

 34歳の青木と26歳の中後。世代を超えた2人の対決は、ちょっとした洒落っ気から生まれた。

 4-1と3点リードながら5回1死一、二塁のピンチに登板した中後は、後続を打ち取って救援に成功。続く6回も走者を出しながら、抑えてマウンドを降りる予定だった。ここでネビン監督が気を利かす。

 「日本人対決してこいよ」

 7回の先頭打者は青木だった。中後がプロ野球でのキャリアを始めた2012年は、青木にとってのメジャー挑戦元年。つまり“入れ違い”であるから、両者に日本での対戦経験はない。

 カウント2-2からの5球目、中後は「最後は青木さんも絶対スライダーを待ってる」と考えた。だが同時に、「そのスライダーは僕の武器ですからね」と腹を括る。日本でのキャリアもアメリカでのキャリアも相手の方が上。でも今、この瞬間は関係ない。ここで生き残るための最大の武器を、ただぶつけるのみ――。 キャッチャーが外角低めに構える。三振を奪いにいったスライダー。ところがこれが少しだけ甘く入った。ライナー性の鋭い打球が、左中間に飛ぶ。そこに駆け込んだのは中堅手。記録としては中飛。中後の「勝ち」である。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。