ここから本文です

アジアは日本を特別視してない――。“久保世代”U-16指揮官が語る実状。

Number Web 9月16日(金)18時1分配信

 たかが16歳以下――。

 もしかすると、そう思っている人も居るかもしれない。9月15日からインドで開幕するAFC U-16選手権。来年のU-17W杯(インド)の出場権を懸けた、いわゆるアジア最終予選だ。

 現在、A代表がロシアW杯のアジア最終予選を戦っている最中だ。初戦でUAEに敗れたことで、W杯行きが危ぶまれる声も挙がり、サッカーファンは大きな危機感を覚えているだろう。

 では、その危機感はA代表に関わったことのみだろうか。UAE戦を振り返ってみて欲しい。あの敗戦で挙がったのは、日本の課題だけでなく、「アジアのレベルが向上している」という声だ。これは日本が危機感を持つべきポイントの一つで、アジアのレベルは間違いなく上がっている。では、どの国もA代表だけがいきなり強くなったりしているのだろうか。

 答えはノーだ。UAEやウズベキスタン、イラク、イランなど、近年目覚ましく力を付けて来た国は、いずれも育成から強化に乗り出している。特にUAE、ウズベキスタンは育成に力を入れ、海外から育成のエキスパートを招いたり、強化プランを打ち出して、本腰を入れて取り組んでいる。

イラク、ウズベキスタンがW杯で結果を残している。

 だからこそ、育成年代において、日本がU-17W杯、U-20W杯のアジア最終予選となるAFC U-16選手権、AFC U-19選手権を突破出来ず、世界を逃している(U-16日本代表は前回大会で4大会続いていたU-17W杯出場を逃し、U-19日本代表に至っては、4大会連続でU-20W杯出場を逃し続けている)。その一方で、日本が出場しなかったU-20W杯において、2009年のUAEがベスト8進出したのを皮切りに、2013年のトルコ大会ではイラクが4位、2015年にはウズベキスタンがベスト8と着実に経験を積んで行った。

 「若い選手個々が地道に一段一段、階段を上ることも大事ですが、やっぱり一足飛びに成長するためにも、年代別W杯に出場をすることは凄く大きな経験だと思います。厳しい経験をすることが、次の五輪やW杯の大舞台で、落ち着ける気持ちが生まれる。A代表が戦ったUAEの選手たちには、U-20W杯でベスト8に入った世代がいる。何人かの選手たちは“俺、全然怖くないぞ”と日本相手にも堂々と臆すること無く戦っていた。そこは凄く大きく違うと思う」

1/3ページ

最終更新:9月16日(金)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]