ここから本文です

トップ棋士たちの競演──東西対抗フットサル大会に潜入

NHKテキストビュー 9月16日(金)15時0分配信

棋士たちの間でフットサルがブームになっている。聞くところによると某日、東西のトップ棋士たちがチームを作り対抗戦を行うらしい。日ごろ知力の限りを尽くして戦う棋士たちのフットサルは、どんなゲームになるのか。勝敗は、フットサル3試合+3分切れ負け将棋3局の合計勝ち点で決着する。はたして試合会場では、想像をはるかに超えて熱く激しい戦いが繰り広げられた──。



* * *


■コートに盤上に棋士が躍動!


6月、棋士総会が行われた日の夜、渡辺明竜王の発案による「東西対抗フットサル大会」が開催された。試合は動画中継サイト「ニコニコ生放送」で中継され、約5万人もの視聴者がリアルタイムで見守る大会となった。



大きな注目を集めた理由は、なんといっても参加棋士たちの顔ぶれにある。渡辺明竜王と佐藤天彦名人をはじめとして、深浦康市九段、広瀬章人八段、稲葉陽八段といったA級に在籍しているトップ棋士、NHK将棋フォーカスでもおなじみの村山慈明NHK杯、中村太地六段、渡部愛女流初段など、東西合わせて総勢25名が参加したお祭りとなった。



開会式で渡辺竜王の選手宣誓が終わると、いよいよ試合開始。注目の第1試合は、佐々木大地四段と西川和宏五段の両キーパーのセービングが光る展開となり、無得点での引き分け。両チームとも攻守の切り替えが早く、棋士たちの機敏な動きに「思ったよりもみんなうまい」、「ちゃんとフットサルをしている!」など視聴者からは驚きのコメントが相次いでいた。



試合が動いたのは第2試合。的確なカウンターで攻め続けた関西チームが、星野良生四段の左サイドからのシュートで得点。第3試合でも高浜愛子女流2級が得点し、関西チームが3試合を2勝1分で勝ち越した。フットサルで劣勢となった関東チームは、ハーフタイムに行われた3分切れ負け将棋で2勝1敗と巻き返したが、トータル成績では関西チームが3勝2敗1分けでリード。関西チームの優勝…と思いきや、渡辺竜王からの提案により、広瀬八段対稲葉八段による3分切れ負け対局が追加された。しかしこれを稲葉八段が勝利。関西チームが完全勝利を収め、大会の幕を閉じた。



盤上とフットサルコートで繰り広げられた、身体と頭脳を生かした真剣勝負。参加した棋士たちが口々に「楽しかった」と満足気だったのが印象的だ。ふだんとは違う棋士たちの姿に、また新しい魅力を感じた将棋ファンも多くいたことだろう。



■『NHK将棋講座』2016年9月号より

NHK出版

最終更新:9月16日(金)15時1分

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]