ここから本文です

PS4の4K・HDR対応でゲームはよりリアルに【TGS2016】

日経トレンディネット 9月16日(金)14時0分配信

 米Sony Interactive Entertainment社は、東京ゲームショウの直前の2016年9月上旬に新しい「PlayStation 4(PS4)」を2種類発表した。従来のPS4の性能をそのままに小型・軽量化したもの(CUH-2000シリーズ、2016年9月15日発売)と、4K映像を出力できる「PlayStation 4 Pro(CUH-7000シリーズ、2016年11月10日)」である。この新しい2機種に加えて、従来のPS4でも、映像の輝度の幅を広げる「HDR(High Dynamic Range)」に対応する。こうした新しいPS4の機能がゲームにどのような影響を与えるのか。同社のゲーム開発のキーパーソンであるWorldwide Studios プレジデントの吉田修平氏に、話を聞いた。

【関連画像】PS4の4K・HDR対応でゲームはよりリアルに【TGS2016】

――4K映像やHDRになると、ゲームにどのような効果をもたらすのか。

 これまでゲーム機は、SD画質からHD画質(720p)、フルHD画質(1080p)と進化してきた。4K対応は、その流れの延長と言える。そもそも、ディスプレーも4K化が進んでいるので、ゲーム機が対応するのも自然な流れだろう。

HDRも、よりゲーム映像をきれいにする。中でも、現実にある自然な風景のゲーム画像がよりリアルに見える。

 フルHDから4Kになると、例えばゲーム内の遠方にいる敵キャラクターを発見しやすくなる。ゲーム内のフィールドに描かれた草や岩肌などがよりきれいに見える。

現実にある自然な風景のゲーム画像がよりリアルに見える。

――4KやHDR対応は、ゲーム開発者の負担が大きくなるのではないか。

 これまでの1080pのPS4向けゲームでは、かなり性能がいい「アセット(ゲームの素材)」を利用していたので、映像が4Kになっても、作業負担などは従来とそれほど変わらない。HDRに関しても、もともとHDRクオリティーでソースとなるゲーム映像を作り、それを従来のHDRに対応していないテレビ向けに映像を調整していた。なので、PS4シリーズがHDR対応になることで、ゲーム開発者の負担はほとんど増えず、元々作っていたソースの映像に近い映像をユーザーに提示できる。

――これまで発売したものを含めて、PS4シリーズすべてでHDRに対応するのは、それだけゲームにいい影響を与えるからか?

 そうだ。極論すれば、4K映像を離れた位置から見ると、フルHDとの違いは分かりにくくなる。一方で、HDRによって向上した画質は、やや離れた位置から映像を見ても変わらない。

 ただし、4KもHDRも、ディスプレー側が対応していないと、ユーザーは見られない。

――PS4 ProとPS4で、PS VRのゲーム体験は変わるのか?

 ゲーム体験は変わらないようにしている。

――今回の東京ゲームショウに出展するゲームで、オススメは?

 (強いて挙げると)2017年3月に発売予定の「Horizon Zero Dawn」だ。いわゆる「オープンワールド」系のゲームで、生物のような機械と戦う。それから、PS VR用ゲームはどれも今年の目玉と言える。

(文/根津 禎=日経エレクトロニクス、写真/中村宏)

最終更新:9月16日(金)14時0分

日経トレンディネット

日経トレンディネットの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]