ここから本文です

応援上映の「キンプリ」VRプロジェクト発表!【TGS2016】

日経トレンディネット 9月16日(金)14時30分配信

 東京ゲームショウ2016のシーエスレポーターズブースにて、「キンプリ」こと劇場版アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』のVRプロジェクトがお披露目された。ブースでは一足早くVR握手会を体験できることから、発表直後にもかかわらず多くのファンが行列を形成していた。

【関連画像】シーエスレポーターズのブースでは、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』のVRプロジェクトをいち早く体験できる

 キンプリは2016年1月以来、映画館で声を出したりサイリウムを降って楽しむ「応援上映」が話題となってヒットしたアニメ作品。もとは女児向けアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフ作品だが、男性キャラクターを主役にしたこともあって大人の女性からも強く支持されている。2017年6月には新作『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の公開が予定されている。

 VRプロジェクトは「家庭用」と「イベント用」の2種類を展開するという。開発はキンプリのアニメーション制作を手がけるタツノコプロと、シーエスレポーターズが共同で手がける。

 東京ゲームショウで体験できるのは、イベント用の『握手会&撮影会 from KING OF PRISM by PrettyRhythm』だ。このうち、「プリズムスタァ」のシンとの握手会やプリズムジャンプをいち早く体験できる。

秋には握手会&撮影会のイベントが実施

 今秋には第1弾として「池袋PARCO」「宇都宮PARCO」で握手会&撮影会のイベントが実施される予定だ。ゲームショウで体験できるシンに加えて、コウジ、ヒロ、カズキも登場。握手会に加えてクロマキー合成による記念撮影も実施される。詳細は今後VR公式サイトにて発表されるのでチェックしよう。

 家庭用『VRフォトセッション from KING OF PRISM by PrettyRhythm』は、PlayStation VR版(来春リリース予定)とスマートフォン版(iOS/Android版、今冬リリース予定)を展開する。内容はエーデルローズのユニット「Over The RAINBOW」の写真集の撮影を依頼されたプロカメラマンとなってプリズムスタァを撮影する。シンやプリズムスタァ候補生も加わって、ライバルのシュワルツローズの写真集と販売数を競う。

 シーエスレポーターズ プランニングセクション エリアマネージャーの萩谷哲氏によると「実在するアイドルの握手会とは違うからこそ、普通とは異なる体験で皆さんに喜んでもらいたい。」という。

 映画の応援上映や応援4DX上映、ステージイベントなど2次元から踏み出した作品の楽しみかたを知り尽くしているキンプリ、プリリズシリーズのファンなら、キンプリのVRプロジェクトは要注目だ。

(文・写真/島徹)

最終更新:9月16日(金)14時30分

日経トレンディネット

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。