ここから本文です

三日月宗近と触れ合えるDMM GAMESの“とうらぶ”VR【TGS2016】

日経トレンディネット 9月16日(金)14時34分配信

 DMM GAMESが8月末にVR事業への参入を発表した。その第1弾が今回のTGSで発表される人気刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』とのコラボレーションだ。本丸を模した建物で人気キャラ三日月宗近との語らいを体験できるとあってかねてから注目をしていた。

【関連画像】本丸を模したブース。近くを通るだけで、新しい畳の香りが漂ってくる。靴を脱いで試遊するので脱ぎやすい靴でいくのがおすすめ

 「VRでは後発組だと自認している」と語るDMM.comラボの藤井隆之ビジネスデベロップメント エクゼクティブ。だからこそ他社がまだアプローチしきれていない女性ユーザーを取り込むべく開発を進めた。そこで白羽の矢が立ったのが同社とニトロプラスがタッグを組んだ刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。名刀を擬人化した「刀剣男士」を集めて強化し、合敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションだ。

 しかし、開発を進めるうちに女性向けのVRは男性が好むアクションゲームなどとは根本的に異なることがわかった。なんと社内の女性スタッフに試遊してもらったところ、「寂しい」という感想が多かったのだそうだ。「これまでのゲーム試遊の感想にはあり得なかった感覚なので驚いた」と藤井氏。しかも試遊は一般ユーザーではなく、ゲーム制作に携わるスタッフだ。この感情の源はひとえに深い没入感にあると言う。「頭ではゲームと理解していても、VRが終わると心は寂しさを感じる」。つまりそれほどにVRの世界に没入しているのである。その没入の仕方も男性のように能動的に没入するのではなく、あくまで受動的だ。男性がアクションゲームなどで没入する「動」のアプローチだとすれば女性は「静」。ベッドに寝転びながら、美しい景色とイケメンを眺めたいものなのである。「女性向けのVR とはVisual Realityではなく、Visual Relaxation」(藤井氏)。そこでこれまでの男性向けのゲームとは異なるゲームデザインとアプローチを重ね、生まれたのが『DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.体験会』。いざ、チャレンジ!

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)14時34分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]