ここから本文です

「ゲーム実況」を疑似体験! THECOOブース【TGS2016】

日経トレンディネット 9月16日(金)14時56分配信

 東京ゲームショウ2016(TGS2016)に参加するゲーム好きな人なら、YouTubeなどで「ゲーム実況」などの動画配信を見たことがある人は多いだろう。しかし、自分で実況をしたことがあるという人はまだまだ少ないはずだ。

【関連画像】ゲーム実況を疑似体験できるデモを実施

 興味はあるけれど、環境を整えるのも大変そうだし、さすがに手が出せない――。そんな人はホール4のビジネスソリューションコーナーにあるTHECOOブースに足を運んでみよう。ゲーム実況を“疑似体験”できるデモを実施中だ。

PRしたい企業とユーチューバーをマッチング

 THECOOは、ゲーム実況や製品レビューなどの動画を配信することでお金を稼いでいるユーチューバー(YouTuber)と、ユーチューバーを使って製品のプロモーションなどを行いたい企業の「マッチングサービス」を提供している。

 同社の中山顕作氏(インフルエンサー事業部 iCON Suite 担当/執行役員)によれば、これまでマッチングサービスを提供してきてわかったことが二つあるという。それは、

・企業側の要求通りに作ると再生数が伸びない動画になりがち

・だからといってユーチューバーに自由に作らせると「企業としてそれはちょっと」という内容の動画になるリスクがある

 このジレンマを解消するには、「お互いがもっと相手のことを理解することが必要だ。特に発注する企業の側はユーチューバーがどんな環境でどのようにゲーム実況などを行っているのかほとんど知らないで発注していることもよくある。そこで、実況を疑似体験できる仕組みを作った」(中山氏)。

 もちろんTGS2016の会場では、マッチングサービスと関係なく一般のユーザーも同ブースを訪れてゲーム実況を気軽に疑似体験することが可能だ。あくまで疑似体験なので、YouTubeなどで配信するわけではないが、配信の様子は録画されており(専用のURLを発行)、自分がどんな感じでしゃべっていたのか後で確認できる。興味のある人は足を運んでみてはいかがだろうか。

(文・写真/斉藤 栄太郎=nikkei BPnet)

最終更新:9月16日(金)14時56分

日経トレンディネット

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。