ここから本文です

FF15のアートチームが絶賛お絵描き中【TGS2016】

日経トレンディネット 9月16日(金)15時9分配信

 スクウェア・エニックスのブース内では『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)』の世界観を表すアートを製作中だ。ビジネスデイの2日間に、試遊エリアの壁一面に、同タイトルに登場するキャラクターやモチーフを描き上げ、一般公開日に来場者の目を楽しませるという企画。その名も「XV Universe」。現在、公式Twitterでは製作の様子を実況して盛り上げている。

【関連画像】これがあれば、試遊待ちの時間も苦にならないかも?

 製作しているのは、FF15のゲーム本編の美術を担当した本職のアートチーム。ビジネスデイ初日は10人前後が参加し、普段の仕事ではタブレットを使うところを、銀色のペンに持ち替え、黒布に向かった。ビニル製の黒布は7.2m×1.8mと特大。あらかじめ、パソコン画面で同じ縦横比の画像を作り、それを設計図にして描いているが、「みんなノッてきて、かなりアドリブ入ってます」(FF15アートチーム)とライブ感あふれる製作スタイルに。

 ペンは市販品を使っている。シルバー1色で2タイプ。両端に細さが異なるペン先がついたタイプなので、4種類のペン先を使い分けていることになる。描いた線を指先でボカすなど、細かなニュアンスも表現していく。ちなみにこのペン、メンバーがあちこちへ買いに走って100本ほどを調達したが「やってみたら、そんなに要らなかったかも。紙ほどインクを吸わない」という裏話も。

 一般公開日には、試遊の待機列をこのアートの前へ導く予定。「試遊前に15分ほど鑑賞してもらって、FF15への世界観に触れたり、期待感を高めたりする時間になれば」(スクウェア・エニックス広報)との考えだ。東京ゲームショウが終われば、布は巻いて回収・保管し、一人でも多くのFFファンが見られるよう、別の場所・イベントなどでの展示を企画していくという。

(文・写真/赤坂麻実)

最終更新:9月16日(金)15時9分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]