ここから本文です

ゲーム業界で働くママは広報ウーマン やっぱりゲームが好き!【東京ゲームショウ2016】

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 9月16日(金)18時6分配信

ゲームの世界でも女性の活躍が進んでいます。東京ゲームショウの会場で、輝いている女性に、仕事の魅力や注目トレンドを聞きました!

DMM GAMES 畑山裕美さん

Q.ゲーム業界で働く中で感じたやりがいや魅力は?

A.現在は子どもを育てながら、広報として働いています。元々、私自身ゲームが大好きなので、ゲームショウのような場では多種多用なジャンルのゲームに出会えて、本当に楽しいです! 家では、最近は洋ゲー(海外のオンラインゲーム)を、子どもを寝かしつけてからプレイする毎日ですね(笑)。

Q.2017年のゲーム業界で注目しているトレンドは?

A.個人的には「e-sports」(コンピューターゲームで行われるスポーツのこと)が、どこまで広がりを見せるのかに注目しています。また、今年は特にVR(バーチャルリアリティ)元年と言われていますが、2017年はVRに次ぐ最新技術が出てくるのかも気になりますね。ちなみに、女性向けのVR対応ゲームソフトも増えてきましたが、現在のタイプだとどうしても髪が乱れるので、メガネタイプのゴーグルが出てくれたらいいのにな……と思っています。

Q.イチオシゲームを教えて!

A.特定のタイトルではないのですが、今、弊社ではオンラインなどのクライアントゲームを使ってに力を入れ始めていて、立ち位置としては日本での「Steam」(世界最大のゲームプラットフォームサービス)を目指しています。併せてスマホアプリへの展開も力を入れているので、それぞれソフトをぜひダウンロードしてお楽しみいただけると嬉しいです!

 明るい笑顔が印象的ではつらつとした畑山さん。「今日は眠いから、ゲームは止めようかな……と思うこともあるのですが、好きだからついやってしまうんですよね(笑)。寝不足になることもしょっちゅう」とのこと。愛するゲームに、仕事に、そして子育てにまい進する畑山さんのような女性が、ゲーム業界を支えているのです!

文・写真/金澤英恵

最終更新:9月16日(金)18時6分

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年10月号

価格:590円(税込)

毎朝、服に迷わない! 通勤服&着回し
必ずトクする!「確定拠出年金」始めよう
短時間で成果UP 記憶術&勉強法
今こそSMAPへの愛を語ろう!