ここから本文です

カナダから来た社長に聞いてみました!YOUは何しにゲームショウへ?【東京ゲームショウ2016】

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 9月16日(金)20時5分配信

9月15日、東京ゲームショウ 2016が、幕張メッセで開幕した(9月18日まで)。37カ国・地域から過去最多の614の企業・団体が出展する中、いの一番に会場を訪れた外国人に、今回のゲームショウでは何が一番の目的かを聞いてみた。

【関連画像】「VRがこれからどこへ行こうとしているのかを見極めに来た」と語るデレクさん

名前:デレク・チェンさん(左)

出身国:カナダ

職業:カナダ・ARCHIACT社社長

目的:VR(仮想現実)ゲームの開発やそのビジネスソリューションへの応用などを展開する会社を経営しているのですが、今回のゲームショウでは、VRがこれからどこへ行こうとしているのかを見極めに来ました。VRは長い歴史を持つ技術で、その原型は1968年に生まれたとされます。この技術は、建築など様々な分野で取り入れられるようになっていますが、今は特にゲームの分野が注目されています。どんな発見があるのか楽しみです。

写真・文/大塚千春

最終更新:9月16日(金)20時5分

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年10月号

価格:590円(税込)

毎朝、服に迷わない! 通勤服&着回し
必ずトクする!「確定拠出年金」始めよう
短時間で成果UP 記憶術&勉強法
今こそSMAPへの愛を語ろう!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]