ここから本文です

ゲームだけじゃない、映像観賞もVRは面白い!【東京ゲームショウ2016】

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 9月16日(金)21時20分配信

東京ゲームショウ2016で注目を集めているVR(バーチャル・リアリティ)。人気ゲーム機「プレイステーション4」のVRシステム「プレイステーション VR」の発売を控え、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)では、多くのVRタイトルを出展しています。誰もがハマること必至のVRをゲーム初心者の編集部が体験しました。

【関連画像】バーチャル空間でクラゲが……! でも手を伸ばしても、実際そこには何もありませんよ!

 東京ゲームショウ2016の出展ブースのなかでも、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)のブースの盛況ぶりには目をみはるばかり。海外メディアも押し寄せ、行列を作るほど。特にVRゲームに注目が集まりました。

 まずはバラエティに富んだ5種類のVRコンテンツを収録した『PlayStation VR WORLDS』を体験。時間制限があるので、5種類のうち、深海ダイビング体験ができる『Ocean Descent(オーシャン ディセント)』をセレクトしました。

 頭と目の周囲を覆うHMDと、耳を覆うヘッドフォンを装着すると、もう、ここは自分だけの世界。気が付くと、リフトの中に入った状態で、海に潜っていました。海の生き物が周囲を泳いでいて、しばし観賞。360度、見渡す限り、神秘的な海の世界が広がります。見上げると、太陽の光が差し込んでいます。

 ふと周囲を見渡すと、カラフルな熱帯魚やクラゲが泳いでいました。熱帯魚は群れをなして目の前を横切っていきました。1匹のクラゲがゆらゆらと目の前に寄って来たので、思わず手を伸ばしてしまいました。

●「見るだけ」「反撃しない」がかえって怖い!

 次第に深度を下げていくと、どんどん暗くなっていきます。気が付くと、深海の闇の中。ちょっと不気味な雰囲気です。……突然、サメが現れました。凶暴なサメは、巨大で、鋭いギザギザの歯をむき出しながら勢いよく襲いかかってきました。

 しまいには、リフトの柵はサメに噛み壊されてしまい、むき出しの状態に。いよいよサメがこちらに突進してきて……「噛みつかれる!」と思わず体を縮めたところで、デモはおしまい。あー、バーチャルでよかった……。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)21時23分

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年10月号

価格:590円(税込)

毎朝、服に迷わない! 通勤服&着回し
必ずトクする!「確定拠出年金」始めよう
短時間で成果UP 記憶術&勉強法
今こそSMAPへの愛を語ろう!