ここから本文です

外国人男性3人組に聞いてみました! YOUは何しにゲームショウへ?【東京ゲームショウ2016】

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 9月16日(金)21時29分配信

9月15日、東京ゲームショウ 2016が、幕張メッセで開幕した(9月18日まで)。37カ国・地域から過去最多の614の企業・団体が出展する中、いの一番に会場を訪れた外国人に、今回のゲームショウでは何が一番の目的かを聞いてみた。

【関連画像】サイモン・ルイスさん(左)、マシュー・バーズビーさん(中)、J.M.テイラーさん(右)

名前:サイモン・ルイスさん、マシュー・バーズビーさん、J.M.テイラーさん

出身国:ルイスさん、バーズビーさん・イギリス、テイラーさん・フィリピン

職業:オンライン・ゲームマガジン関連

目的:ルイスさん/僕は、「ワンダと巨像」が好きです。クリエイターである上田文人氏の新ゲームに注目しています。日本のゲームはミステリアスで、世界観がユニークだと思います。日本のゲーム会社ではバンダイナムコエンターテインメントにも注目しています。

バーズビーさん/携帯ゲームがはやっていますが、あれは時間をつぶすためだけのもの。ビデオゲームは、ずっと長く遊ぶことができて、ゲームが描くストーリーとも深く関われます。ストーリーや美術の完成度も全く違う。携帯ゲームには興味は持てません。今回のゲームショウはソフトウエアより、ハードウェアに力点がある感じですね。

テイラーさん/僕たちはみな、VR(仮想現実)ゲームを体験してみたいと思っています。でも、すごい列なので、後でまた戻ってこなくちゃ。個人的に注目するゲームは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売予定の「人喰いの大鷲トリコ」や「ワンダと巨像」。「人喰いの大鷲トリコ」に注目するのは、「ワンダと巨像」のクリエイターの上田氏によるゲームだから。こういうスタイルのゲームが好きなんです。

写真・文/大塚千春

最終更新:9月16日(金)21時29分

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年10月号

価格:590円(税込)

毎朝、服に迷わない! 通勤服&着回し
必ずトクする!「確定拠出年金」始めよう
短時間で成果UP 記憶術&勉強法
今こそSMAPへの愛を語ろう!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]