ここから本文です

伊調以外も!国民栄誉賞をあげたいメダリストTOP10

R25 9/17(土) 7:01配信

9月13日、リオ五輪で金メダルをとり4連覇を果たした女子レスリング・伊調馨の国民栄誉賞受賞が決定。受賞自体は以前から囁かれていたため驚きはありませんが、このニュースに明るい気持ちになった人は多いはず。

内閣府サイトで国民栄誉賞の目的を見ると「この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする」とあります。表彰の対象を認めるのは内閣総理大臣であり、我々一般人に選ぶ資格はないものの…。国民栄誉賞を贈りたいと思うアスリートはまだまだいますよね。

そこで、20~30代の独身会社員男性200人にアンケート。五輪メダリストのなかで国民栄誉賞をあげたいと思うのは誰なのか聞いてみました。


〈「国民栄誉賞」をあげたいと思う五輪メダリストTOP10〉

(あらかじめ16人を編集部でノミネートし、あげたいと思う順に3位まで選択。1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)
●1位 内村航平 244pt
  (体操・2大会連続金メダルなど)
●2位 北島康介 187pt
  (水泳・男子200m平泳ぎでアテネ、北京五輪金メダル獲得。二大会連続同一種目二冠は76年ぶり)
●3位 室伏広治
  (アテネ五輪金メダル。アジア地域初の陸上投てき種目金メダル)※紫綬褒章受章済み
●4位 錦織圭 139pt
  (テニス・リオ五輪にて銅メダル獲得。96年ぶりの日本人メダリストとなった)
●5位 野村忠宏 103pt
  (柔道・アジア初の個人種目オリンピック3大会連続金メダル)
●6位 葛西紀明 79pt
  (ソチ五輪スキージャンプ史上最年長銀メダル。冬季五輪7回出場、40歳にて一線級の活躍「レジェンド」と称される)
●7位 福原愛 52pt
  (卓球・ロンドン五輪で日本卓球史上初の銀メダル、リオ五輪銅メダルで二大会連続メダル獲得)
●8位 谷亮子 44pt
  (柔道・オリンピック金メダル2つ、世界選手権金メダル7つ)
●9位 村田涼太42pt
  (ボクシング・ロンドン五輪金メダリスト。同競技の金メダルは日本人では48年ぶり)
●10位 浅田真央 37pt
  (フィギュアスケート・バンクーバー五輪で銀メダル)

※番外
●11位 荒川静香 21pt
  (フィギュアスケート・トリノ五輪でアジア初のフィギュア金メダリストとなる)
●12位 高橋礼華・松友美佐紀 18pt
  (リオ五輪金メダル。日本バトミントン史上初)

1位はやはり、というべきか今年のリオ五輪でも特に大きな注目を集めた選手の一人、内村航平。では、回答者それぞれが選手を選んだ理由を見ていきましょう。

【1位 内村航平】
「めげることなく、前向きな姿勢でいるから」(29歳)
「まわりから期待されてプレッシャーも大きい中、世界の頂点に立ち続けたから」(31歳)
「個人総合2連覇でしょ、さらに団体でもメダルだからね」(33歳)
「日本の体操界を復活させた」(34歳)
「体操でこれだけの実績を挙げる人は今後出ないと思うから」(30歳)

【2位 北島康介】
「名言と感動を与えてくれたから」(31歳)
「二冠というのもあるし、水泳というスポーツの人気を出してくれた人だから」(38歳)
「男子競泳が強くなったのは北島の功績が大きいと思う」(39歳)

【3位 室伏広治】
「自分の競技以外にもスポーツへの取り組みをしているから」(31歳)
「長年、第一線で活躍された方だから」(26歳)
「競技だけでなく東京五輪招致でも活躍したから」(34歳)

【4位 錦織圭】
「恐らくテニスの分野でこれほど活躍できる人材は当分出てこないと思われるくらいの活躍だから」(32歳)
「皆の期待、テニスの楽しさを表現できたと思うから」(37歳)

【5位 野村忠宏】
「3大会連続金メダルはもっと評価されて良いと思うから」(39歳)
「金メダルを1つ取るのも大変なのに3大会連続金メダルは偉業」(29歳)

【6位 葛西紀明】
「40過ぎても現役でプレーしていること自体凄いし、メダルもしっかりとれているので葛西さんこそ栄誉賞にふさわしいと思うから」(26歳)

【7位 福原愛】
「長年のキャリアに敬意を表して」(37歳)

【8位 谷亮子】
「この実績は他にない快挙だから」(32歳)

【9位 村田涼太】
「かっこいいですね殴り合いは」(36歳)

【10位 浅田真央】
「競技で人を笑顔にする力があるから」(31歳)

メダルの数、記録のすごさだけでなくプラスアルファの魅力的な人間性を挙げたコメントが目立ちました。なお国民栄誉賞では、副賞として100万円相当の賞品が贈られるのが慣例。伊調選手は受賞時のコメントで着物を希望し「和装の文化を伝えていきたい」という旨のコメントをしています。日本レスリングの強さだけでなく、文化も海外に伝えようとしてくれる姿勢が素敵すぎ! ガンバレ伊調!とさらに応援したくなりますよね。
(のび@びた)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/17(土) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。