ここから本文です

<News Navi>「宇多田ヒカル」テレビ復活のウラで“離婚情報”が飛び交う〈サンデー毎日〉

mainichibooks.com 9月17日(土)12時0分配信

 ◇宇多田ヒカルの"離婚情報"飛び交う

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(33)が9月22日のNHK音楽番組など、5年8カ月ぶりにテレビ出演。日本で精力的に活動再開の一方で、離婚情報がくすぶり続けている。

「活動再開にあたって宇多田は離婚を否定していますが、母親の藤圭子さん(故人)に似たところもあり、衝動的な行動をしますからね。どうなるかわかりません」(元所属レコード会社の社員)

 宇多田は突然、"人間活動"に専念すると音楽活動を2011年に休止。3年後に8歳年下のイタリア人男性と"電撃再婚"。昨年7月に第1子の男児を出産した。

「宇多田は今年春にNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のテーマソング『花束を君に』、日本テレビのニュース番組『NEWS ZERO』のエンディングテーマ『真夏の通り雨』を同時発売。今後、NHKの音楽番組を含めてフジ、日テレなどに出演して活動を再開します」(所属レコード関係者)

 活動再開と同時に"離婚情報"が飛び交っているのだが、宇多田自身は「男性に経済力は求めない」と否定した。

「結婚後、夫はバーテンダーを辞めて"専業主夫"になりました。宇多田の初めの夫・紀里谷和明氏は資産家の息子として生まれながら、海外を放浪した過去を持ち映画監督や写真家として精力的に活躍している。今の夫は働く気がない。真逆ですね」と言うのは音楽ライター。

「イタリア人男性は優しいのですが、子どもの将来を考えたら宇多田は不安でしょう。活動再開は子どものためでもある。本人が否定しても離婚のうわさは消えないでしょう」

 日本での活動と同時に、住まいも日本に移すとの情報も入っている。宇多田の動きに目が離せない。

(本多圭)

最終更新:9月17日(土)12時1分

mainichibooks.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

mainichibooks.com

毎日新聞出版

サンデー毎日 毎週火曜発売
週刊エコノミスト 毎週月曜

「mainichibooks.com」では
サンデー毎日、週刊エコノミストの
記事をご覧いただけます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]